スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:スポンサー広告 

やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 目次





                 /::::::::::::::::::::/:::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                 /::::::::::::::::::::/:::::::/ l:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l:::::::::::::::::::::ハ
                 /::::::::::::::::::::〃::::/ l:::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::ハ::::::l:::::::::::::::l
                 ,.::::::::::::::::::::::ハ:::::/  |::::::::::::::::::::::::::::::l l::::::ハ:::::!:::::::::::::::i
               l:::::::::::::::::::::::レ!:├─|::::::::::::::::::::::::::::├‐!::::ト、!::::l::::::::::::::::|
                l:/:::::::::::::::::::l レ′ └‐'´  ̄ ̄`ー ┘ L:」 l:::ハ:::::::::::::::i
               /1::::::::::::::::::N 、、xィ=zミミ      彡=z┬x,, ,!::::::::::::::,
               //i:::::::::i:::::::::| 《   {、ノ゚;::|         |、ノ゚;::}  》|::::::::::::::l
              〃 |::::/!::::::::i  `, V:.:.:.ソ        V:.:.:.ソ 、│::::::::::::l   この物語の成分の八割は
                 レ′ |:::::::::!     `゙゙´           `゙゙´   j::::::::::::::′
                     !::::::::ハ """        ′      """ ,':::::::::::::;'   残念女性でできているらしいですよ
                     |::::::::ヽ',   _ /ヽ            〃::::::::::/
                    l::::::::::::ハ / / / 〉   _         //::::::::::::′   大変ですね
                    l:::::::::::::/ / / ∧ (   )       イ:':::::::::::::l
                    ∨::::::::|  | / / |        イ::::/::::::::::::::!
                    _V::::「|  l l  l  ト、 __  ´/  `/::::::/、::::/
                  イ ヽ V::::l  l l  |  !      ハ /::::::/l l`ヽ


                   // l  / ` '    `´  \   /  \
                  /  ,、l/             \⊥、  ヾ
                 /  /                        \  ヽ
                 l / /   /  /     ヽ  ヽ        \ |
                 l>' / /  /  /    ヘ  l  ヽ    ト .\
                ///  / //  .|    /  l  ト  ヽ    レヽ、ヽ
               // 〉'  l ,イ.ハ  /|    l   .l  l ヽ  |、 l  l / lヽヽ
              //  /l   ハ rlメ.」__/_|. _,  |  、__l |_ヽ_l_l  .l  .V  l  `
              {   / l  ∧レ { 」⊥、「,、  |    「」 --、レ ヽ .ト ヽ ヽ      そうなんだ、
               / |    ヤ< |O  lヾ  l   イO  lヾ>.∧{ \ヽ ト ヽ
              / ,イ  l    ヘ  l 、__, ク \!.   l 、__, ク ' / \ \.l.ヽl    やる夫くん、大変だね
           ― 7//l      ヘ  ー‐'       `ー‐'  /ト     l  Lヽ-- 、
        ´     / / l      ハ .∧                 /l l l    ハ l }
    /       /  | l  i   / l /   マ     '      タ'  l l .l    l l |
  ./           ハ| ハ   l  |l    ト、 、  、-,   /,イ  l l  l   l l |l
  /            l l l l   l  {   /\\ヽ、__  ´/,ヘヽ l|   l  / ,}/l
 l             ヘV  l  l   /   ヽ`l !__! i´/  ヾ }   l ///
 |              \ l l` ‐ |                ヽ V   ヽ               /     /

               
                           //⌒丶、
                          / /
                          | /
                       _,.-‐' ヽ|⌒´``.丶、
               .       //     \    \
               .      / // /     ヽ \ . ヽ,
                     / // /| /|   ト、 ヽ \  ヽ
                   イ // / |  |   | ヽ    ヽ  i
                   / // イ i |  |   |   、   ヽ i
                   | ソ  /リ  | | |  | /| 从   人i
                   |/ /  /´´ヽ/| | |ヽ /_|/-|   /| |    あらあら、大変ね
                   | /ヽ|ヽi=ミx ヽ| リ ソ´ リ |ノ / .| |
                 /|/| |ト、|.   ヽ   v'´´`ヽリ / 人 ヽ   でもそれも、男の甲斐性じゃないかしら
                イ|/::\ |ヽ   ,       i / /  \ヽ
               ´{〈:::::::::::::ヽ丿ヽ、 ト‐-- ,  , イ / /::::\ヽ丿
                ヽヽ::::::::::::::ソヽ) 丶、_ノイ 丿/ /::::::::::::〉 ヽ
                 ヽヽ:::::::: ノ ノト、/∨\/ ./ /:::::::::::::/ ノ
               .   ヽヽ::::::ソ ノ:::::ヾ、,ゝ \/ /:::::::::/| /
               .    \/ノノ:::::::::/ ヽ:::::::::::|  |::::/ / ノ
                  〈:::::::://イ::::::::::|  |:::::::::::丿丿::::|. / ノ
                //ヽ//::::/:::::::::|  |:::::::::::ソ丿::::::::|//
               ´/   i/ ソ::::::::::::|  |:::::::::::ソ:::::::::::ノ
                    i /ノ:::::::::::\/:::::::::::ソ::::::::/

           
                          ____
                        /      \
                      / ─    ─ \
                     /   (●)  (●)  \    あんたらが、
                       |      (__人__)     |
                     \     `⌒´    ,/   それを言うのかお
                     /     ー‐    \
                           
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです オープニング
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第一話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第一話 後編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第二話
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第三話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第三話 後編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第四話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第四話 後編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第五話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第五話 後編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第六話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第六話 後編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第七話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第七話 後編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第八話
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第九話
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第十話 前編
                やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです 第十話 後編


関連記事
Tag:やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです  Trackback:0 comment:

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
プロフィール

亞那瑠 ◆yiSx/F3/Lk

Author:亞那瑠 ◆yiSx/F3/Lk
やる夫板IIややる夫系雑談・避難・投下板で書いているものです。
下ネタが多いですが、よろしくお願いします。
このサイトはリンクフリーです。

ヘッドライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。