スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:スポンサー広告 

やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです オープニング








38 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:03:43 ID:6zVV/ShY0
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
::::::o                   :::::゚::::::::::::。 O::::::::○o゚::::::::::::::::::::o゚:::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::o。::::::::::::::::。:::::::::
::::::: 思 い 返 せ ば・ ・ ・ ・  ::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o::::::::::::::::::::::゚:::::。゚ o:::::::。:::゚::::::゚:::::。:::::::::::::::::::
::::○                   ::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚:::::::::::::::゜ o::。:::::::::o:::::::::::
::::○゚o:::::::。                                            。::::::::::::::::::::::o::。
:::::::::::::::::::::  何 時 ど ん な と き も、 ど ん な こ と に し た っ て    ::::::::::o:::::::::::::。
::::::::::::::::::::::                                             :::::::::::::::::::::::::::::o:
:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚:::                                     ::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::゚::::o:::::::::::::o:::::::o::゚:: や る 夫 の 人 生 は 後 悔 し か 残 ら な か っ た
。O::::::::○o゚::::::::::::::::::::o。O::::::::○                                     ::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

39 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:03:50 ID:KVSAyTAM0
俺はハーレムより1人との濃厚なイチャラブ狙うぜ

40 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:04:08 ID:6zVV/ShY0
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

─【伊藤誠】─────────────────────────────

おい、入即出! 先日頼んどいた書類もう出来てるか?

41 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:04:26 ID:6zVV/ShY0
  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       / ⌒  ー、  :::::::::::U:\
  | |       /( ○)}liil{( ○)   ::::::::::::::|
  | |      .|U⌒(__人__) ⌒   ::::::U::::|
  | |       |   |r┬-| U...:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ  `⌒´.....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |             ::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

─【やる夫】─────────────────────────────

いっ、伊藤課長!? あっ、あと少しだけまってくださいですお
一時間……いや、30分以内にはなんとかしますから!

(藁にも縋るような想いで入社した会社は絵に描いたようなブラック企業で……)

42 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:04:52 ID:6zVV/ShY0
          /: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ
        : : : : : : : : : {: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : :ヽ: : ヘ
         /: : : : : : : :{: :ハ: : : : ヽ: : : ヽ: : : : : : :ヽ: : ヘ : ハ
.       /: : : : : : : : |::,' ': {: : : |: : : : ',ヽ: : ヽ:',: :!: : : }7 ハ
       : : : : |: : /:/!:{  ',: !: : :',ヽ: : : ', \: :',:ヽ|: : : :}7:} }
      |: : : : |: : |/ |::|   ,!ヽ: :', \: }_,ィ_ヽ}、::| : : : |::: :|ゝ
      |: : : : {: : | ≧ミ_,{ \{ `¨Vイ:c、ヽヽ|: : |: :!::: :|\
.       /: : :!: ヘ: :', 〃r'c、`   ゛   {:i:::::ハ  |: : |: :|:::: :!
     /, イ: ト、:ト、{'{:i::i::}       弋_少  |: :,'|: :|::::: |
   〃ヽ/ |: : ヘ: :',\ 弋少       /i/ハヽ |: :,:: : }:::::|:!
   {  V |: : ::::\ヽ、/i/ハ    '        |: ,::: :,i::/!リ
   ヘ  ヽ、、: ::::::人`     __. - ≦}    イ:,!:: /|/ |′
    ゝ、  `ヽ、::l::{:> .   ゝ _ ノ   イリ!ハ://
    ノ、 ヽー  ヒ‐-、::::::Vヽ>  . _ .  イハル′///
 //  }  } r―‐ ヽ }ヽ7 \ `ー _ イ /、
.( .〈  |  ヽ ー- __レ }`丶、   //_ イ  `}ヽー-- 、
  ヽ ヽ )ヽ_ )ー´ /  ヘ:::::::::ヽ、_//, -‐――' '-,  / ハ
   ヽ _)、\_ /   ヘ::::::::::y':::::}_::::::::::::::::::::/  /  |

─【美樹さやか】─────────────────────────────

あっ、やる夫さんお疲れ様でーす
それじゃあ私、定時なんでお先に失礼しますね

43 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:05:10 ID:8glu.rIg0
>>39
なん…だと?

44 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:05:11 ID:6zVV/ShY0
           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         / 
         /  `''ー─‐─''"´\ 

─【やる夫】─────────────────────────────

うん、お疲れ様だお……。

(最近では若手の社員からも仕事を押し付けられ、残業に次ぐ残業が睡眠時間を圧迫する毎日)

45 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:05:41 ID:6zVV/ShY0
        ____
      /─   ─\
     / (●)  (●).\
   /     (__人__)   \
    |      ` ⌒´     |
   \            /
   ノ            \
. /´                 ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄
─【やる夫】─────────────────────────────

多分今日も終電まで仕事かお……。

(辛い、疲れたと誰かに言えたらどんなに楽なことだろう)
(だけど言えない、言えるはずもない)
(そんな事を口にすればまた伊藤課長に尻を蹴飛ばされる羽目になるし、同僚からも白い目で見られるだけだ)

46 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:06:12 ID:6zVV/ShY0
        ____
      /     \
     /         \
   /    ─   ─ \
    |     .(ー)  (ー)  | はぁ……。
   \     (__人__)  ,/
   ノ        ` ⌒´  .\
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

─【やる夫】─────────────────────────────

(世の人はやる夫のような人間を社畜なんて呼ぶけれど、別にやる夫だって今の状況に不平不満がないわけじゃない)
(だけど他の人間から浮かないため、嫌われないようにするためには不満なんて間違っても口に出来ないのが現実)

47 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:06:47 ID:6zVV/ShY0
               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: |
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

─【やる夫】─────────────────────────────

(だから我慢、我慢。皆も同じ境遇なんだし自分だけが特別なわけじゃない)
(そうやって自分で自分に嘘をついて、言い訳を重ねるのはもう日課のようなものだ)
(でも、心のどこかではこんな筈じゃなかったという想いばかりが付き纏う)

48 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:07:24 ID:OqeEhhw20
新たな安価スレの始まりだよ!

ハッピーバースデイ!!

49 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:07:29 ID:6zVV/ShY0
       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

─【やる夫】─────────────────────────────

さやかちゃんの作ったエクセル、また数字がズレてるお……。

(奨学金借りてでも大学出とけばよかったとか、手に職をつけてもっと違う分野の仕事につけばよかったとか……)
(最近になって考えるのは何時もそんな詮無いことばかりだ)
(幾ら考えたって結局そうなるための努力をしてこなかった自分が悪いという結論しか出てこないのに……)

50 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:08:02 ID:6zVV/ShY0
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

(やる夫は何時もそうだ。何にしても大して努力もしないくせに、考えるのはありえもしない『もしも』のことばかり)
(あの時ああしておけばよかった、なんていう不毛な議論に意味なんかないのに……)

51 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:08:32 ID:6zVV/ShY0
      .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                 .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                    .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
                       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄|┌┬───―                .;.;.;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄| | | | ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ \        .;.;.;.;.;.;.;.;.;.
 ̄ ̄| | | |     /       :::::\        .;.;.;.;.;.;.;.;.
 ̄ ̄| | | |     (人_)     ::::::::|       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;
 ̄ ̄| | | |___ \.....::::::::: :::,/  カチャ     .;.;.;.;.;.;.;.;.;..;
  .o |└┴─┬── /      ヽ    カチャカチャカチャ .;.;.;.;..;.;.;
  °|     /⌒| ̄ __,       i         タンッ  .;.;.;;.;.;.;.;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |              .;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ノ    カチャカチャカチャカチャ .;...;.;.;.;.;
             |  _/ ̄ ̄ ̄|       パシッ タン .;.;.;.;.;.;.;
           _|  | ̄| ̄| ̄               .;.;.;.;.;.;
          (___) |_|

─【やる夫】─────────────────────────────

さやかちゃんも入社して2年目なんだしもっとしっかりして欲しいお

(やろうと思えば幾らだって選択肢は広げられたはずだ)
(にも拘らず、それをしてこなかったのは他でもないやる夫自身)
(楽な方へ楽な方へと逃げてきた果てが今のこの有様なんだから誰に文句を言えるわけもない)

52 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:09:04 ID:6zVV/ShY0
          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
      \    (__人__) .  /

─【やる夫】─────────────────────────────

(だから、結局やる夫に出来ることといえば昔を悔やんで落ち込むことくらいだ)

53 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:09:06 ID:32jl0hd20
なるほど…これで幼馴染と異世界にわたって…
この経験を元に会社を立ち上げるという物語か!

54 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:09:39 ID:6zVV/ShY0
月    席替え          ヒソヒソ・・・        「え?まだ居たの?」
曜          グループ学習   歌えないカラオケ
の   調理実習                 体   「あれ?今日呼んだっけ?」    便所飯
朝             修学旅行   怨み 育         休       弁当
 コソコソ・・・            罰ゲーム告白           み  「調子乗ってんじゃねーよ」
        「なんでお前もくんの?」       図       時間
                              書               ト    「えーと、誰?」
  二人組み       好きだったあの子    室       ザワ・・・   イ   鬱
     寝たふり    「なんか臭くない?」   / ̄ ̄ ̄\   落     レ
MDが友達   「おいお前コンビニ行ってこい」/ ─   ─ \  書         飲まされた泥水
                           /  <○>  <○>  \ き
   画鋲   机に花   キモイ・・・     |     (__人__)    |  隠された所持品
ザワザワ・・・・     ガヤガヤ・・・        \    ` ⌒´    /「なにアイツ?」
         アドレス帳      嫉妬  /           \        保健のテスト100点

─【やる夫】─────────────────────────────

(今まで生きてきた27年間、やる夫の人生は後悔することばかりだった)
(死に目に会えなかった親。力を入れなかった高校受験。図書室と教室を行き来するだけの学校生活……その他etc)
(誰かに言われるまま、されるがままに生きてきて無駄にした掛け替えのない時間たち)

55 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:10:11 ID:6zVV/ShY0
         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/        .\||
        /    _ノ   ―   \
        |   (ー)  (ー)   |
        \   (__人__)     イ
        /´ ̄         .ィヽ|
       〈   ̄  ‐- 、       i
       .:` ーi‐ -、_   ヽ     | l
            ||   ヽ.て  〉   ..| l
      __/´  ヽ     /⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

─【やる夫】─────────────────────────────

あー、まったく腰痛ぇお……。

(もしもあの頃のあの瞬間に帰ってやり直せたのなら、そんな風につくづく思う)
(けれども、結局徒労は徒労だ)
(どれだけ思いに耽った所でそれが現実になるわけでもないし、そもそもやる夫自身殆ど諦めてしまっているのが実状なのだから)

56 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:11:34 ID:6zVV/ShY0
               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /   ...::::::::::.\
      | |   /     ...:::::::::::::.\
      | |   |      ...::::::::::::::::: |
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´
─【やる夫】─────────────────────────────

あっ、そういえば今日は……!

(─────いや、そういえばやる夫にも悔やんでも悔やみきれないことが一つだけある)
(あれは十年前、まだやる夫が一介の高校生で、とある喫茶店でアルバイトをしていた時期のことだ)

57 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:11:37 ID:8glu.rIg0
重い…重いぞ!
あそこから誘導されたが重く感じてしまう!
…あと投下速度は凄くいいです。

58 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:11:56 ID:WpjpHN5I0
今日中に1スレ消化だな

59 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:12:12 ID:6zVV/ShY0
               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\ チラッ……
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: |
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

─【やる夫】─────────────────────────────

……そっか、もうそんなに経つんだおね

(”それ”は突如として起こり、今でもなお時折やる夫の胸を締め続けている)
(何故あんなことになってしまったのかなんて無知なやる夫には何も分らないけれど……)
(もしも、やる夫が一つだけ好きなように人生をやり直せるのなら─────)

60 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:12:55 ID:6zVV/ShY0

   ____________________
  /..|二┌──────────────┐二|
. /  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二|                      |二|
|  |二└──────────────┘二|
 \_|         ┌────┐         |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
─【やる夫】─────────────────────────────

(やる夫は……やる夫は……っ!)

61 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:13:13 ID:6zVV/ShY0
                   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥   
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l   .
                 ゝ.ヘ         /ィ  
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

─【ニュースキャスター】─────────────────────────────

あの痛ましい少年少女連続失踪事件から早十年が経ちました
警察はこの十年間彼らの行方をずっと探索しておりましたが、その足取りは一向につかめず───……

62 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:13:45 ID:6zVV/ShY0
               ,..-‐:::::::::::::::::::::::::`ヽ,__
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::/:::::::::::::/:::::::::::::/:::::、::::::::::::::\
         {::〃:::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::j::::::::::::::::::::ヽ
         "/::::::::::::::::/:::::::::::://:::/::/j::::::::::::::::::::::ハ
           V/::::::://::::::::/ _/__/:/ /::::i:::::::::::::::::::::}
            ヾV!、、_‐‐´  /'_'`ノ:::::::j:::::::::::::::::::::j
            i! ⌒`   "⌒゙`'/:::::/-、::::::::::::::::;′
            /|""    """/:::::/:!  !:::::::::::::/
              {::、   ー一 //::::://:!/:::::::::::::i
             |::::lヽ    //:::::/イ::j:::::::::::::::::::;
                !:::| {ヽ//:::::/ナ:/:::::::::::::::::::{
              !:::! /::::::::// ̄`ヽ、:::::::::::::::::、
             V/:/:::::::`/        \::::::::::::\ー--── '´
           /:ィ!  ̄ r:77/       __ヽ::::::::::::::`ヽ、__
         /⌒:/ V!  ´/〃 i , -‐´    `ヽ:::::::::\`ー─-`ニ=ニ
       / /:/   V! // l ! レ1        \:::::::::::::`ヽ、_
        /:/     V!/ ハ ヽ\ /      ヽヽ:::::::::::::::::::::::: ̄:ヘ
        V       ヽ/ ヽ `/           〉 \:::::::::::::::::::::::::ヘ
                l   ∨           /ll }  \::::::::::::::::::::::ヘ
                l   /         /  〉'j    >\:::::::`ヽ、`
                ヽ/       / / / , イ    \:::/´
                  /         / ´ / 1、   ヽ    `
                 /         /  /    ハ   ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

やる夫は、もう一度だけ彼女に会いたい……!

63 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:14:11 ID:6zVV/ShY0
 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

64 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:14:41 ID:6zVV/ShY0
    ┌─────────────────┐      |l::i:::|  \:;;:\ .     |┬┴┬┴┬|
    │::::::::::::::: 羽 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 尸 :::::: : │      |::;::i:|   \:;::\  ..|┴┬┴┬┴|
    │::::::::::::::: 卒 :: MIDORI YA :: /至 ::::: : │      |i;:l;::|      .\;:::\_ |┬┴┬┴┬|
──┤::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ├────────────────┐::│
─────────────────────────────────────┘::│
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :________________________/ . ┬|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.._  -‐ |     |l:i::|                |l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |__________   -‐        |     |:;:i:|                |:;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |             |;i::|   |          _|___|i;:l:|________|i;:l:|______.|┴┬┴┬┴|
 |             |:::l|   |  _ -‐==ニ二 |__________________|┬┴┬┴┬|
 |二二二二二二二二二二|二ニ==‐   ̄  :|     |l:i::|================|l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |;::i;:::l::;:::::::l;::;:::i::;li:il|:il:|    |   _介        :|     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |六六六六六|::::::li|::::|    |   乢_{i      |     |i;:l:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:i:l:|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/  |::::::li|::::|    |   :|i         :|     |l:i::||l  |  |;|:|l  |  i|;:;::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\/|::::::li|::::|    |           |     |:;:i:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:l::;|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/\|::::::li|::::|    |           |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;::::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\  |::::::li|::::|    |     _______     |     |l:i::||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|l:::;爻   |┴┬┴┬┴|
 |  /\  \|::::::li|::::|    |   |‰゜:|}    |     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;::爻爻 |┬┴┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : :::li|::::|__|   |∴∵|}    |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;爻爻爻 ┴┬┴┬┴|
 |─────┐::li|::::|;;l;;;;l;;| ̄ ̄ ¨*¨¨  ̄ ̄:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄爻爻爻爻: ┴┬┴┬|
 |:;:l ̄ ̄ ̄ ̄|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;;;l;;;;l::/|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;爻爻爻爻;: ┬┴┬┴|
 |il;|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;l;;;;l;:/ :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; 、.vk,,..vx;,..,,、vW从W从W爻.,┴┬┴┬|
 |;:i|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;;;l::/: : |} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; ミ”v:";v;oゞゞ艾v:";v;oゞヾ从、,┬┴┬┴|
 |::;|______|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|:i:::/::l:: :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;l ℃‰♀♀♀♀∴v:";v;oゞヾゞ┴┬┴┬|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;/:l;; ;;l::|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;{二二ニ}二二二二二二二二二二}┴┬┴|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=:|=-  :;___|;;l;;;;;;l;;;;;;;l;; |     |                    |┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|     |                    |┴┬┴|

─【やる夫】─────────────────────────────

(十年前の当時、やる夫は地元のとある喫茶店で二年ほどアルバイトをしたことがあった)
(理由なんてそう大したものじゃない。単純に暇をもてあましていたのと小遣いが欲しかっただけのことだ)

65 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:15:05 ID:BSg.c0520
山田?

66 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:15:24 ID:6zVV/ShY0
                          ./.           ./ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~/
                        .L二二二二二二二二|: |.二二二二二二..二二二二二二二 |
                 .| ∬,,∬  .|.     .□.|□    |. | | ▽ ∪ ∇//,,∥//n .凡 Π// ,, | |
                 .|       .|_______|_______.|/| | ⊥ ⊥ ⊥/[| ∥|].(_)|コ|〔__〕// ,,| |
                    |  .人     |::.|      (《::::::》|.|_|..========================..|_|/
                   (.,(゚∀゚. )_,,)..|::.|    ._∬≫≪≫≪|..           || .〓  . [_] .ロ / / ||
                 ...(|   ̄ ̄  |)|;;;|   ./          |  ( ) ) )_..|| .|:::|   |.| ,| | /∩.||
                  .|  /. / / | |;::|   .|          | ___( ヽ),, <.||/≡ヽ. ./=.V ヽ,||.||||
   λ_λ.    .____. .|   ./ / /| |;;;| (⌒ | ● ト──イ |[ .。 ]ソノ~~~~||||:::::::冒 |:;;;ii|‐‐‐|,∪.||
  (`ー´ ,,)∀./   _/| ヽ___ノ..|;/ ̄ ̄ ̄ ̄(88=) ̄ ̄|/ ̄ ̄.グ|~ . |||| / ○ヽ;;ii| ◇.|  ||
  (つ  つ⊥  / // .| σσσ.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄".|;;;;;;;;;;;;;;;|..|___,||||:::ゝ_ノ;;iii|‐‐‐|  || /
  ∧ ∧ /  / //  / ̄┗┻┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┻┻   ̄   ̄ ̄∬ ∬  ̄ ̄ ̄ ̄/|/
 ( ‘∀).▼./ //   | ̄ ̄ ̄ ̄(⌒`⌒) ̄D∫∬∫ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ____ ̄ ̄ ̄ ̄〕/
 (   つ⊥ .//    __  ̄ ̄ ̄ ̄ |___| ̄/ ________ . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ__ノ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  /  \    ) (       (・∀・ )つ  \ /     _.。_        __ / ̄ヽ___
/  /     ̄ ̄ ̄| | ロ ̄(∞-) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄c(__ア 旦 ̄ ̄ ̄/┗(;;;;;;;;;;;) /|__
.   |ニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニξニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/  /|
     ∧_∧   ∧_∧ 、,,  /■\     ∧∧  ξ   ζ   cヽ_フ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  //
     (,, ・∀)cU ( ´∀`)∀ (∀`  )c■ ( ,,゚Д) c目  c□ ∧∧.  ̄          //
ニニニγ   つニニ(    つニニと  \ニニ /   つニ(-   ) ニ(ω^=).ニニニニニニニニ |/
    oゝ_.⌒)   .(    )   ( ___.) ~(__ノ   ( ∪)_  ( ._)~          |
     (_____し    .( ̄ (_)   .し__)  (__)    U ̄ _)  U__)/            .|
     ∥ ∥     || ̄||      ∥ ∥   ∥ ∥     || ̄||   ∥∥              |

─【やる夫】─────────────────────────────

(元々人付き合いが苦手で最初こそ接客業という慣れない職務に悪戦苦闘もしたが、コツを掴むのは存外早かった)
(多分、店長やバイト仲間の人が親身になってやる夫に接してくれたのが大きかったのだろう)
(友達の少ない学校に変わって、その喫茶店がやる夫の居場所に落ち着くのも時間の問題だった)

67 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:15:55 ID:8glu.rIg0
>>58
いや、さすがにそれは無理だろうww
せめてやる夫板Ⅱかヒロイン板ならば大丈夫だろうけどww

68 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:16:14 ID:6zVV/ShY0
                      _ ___
                  ,. . : :´.: : : : : : : : .`ヽ、
               , .:'´. : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
                 /. : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.',
              /. : : : : : : :.|::::: : : : : : : : ヽ: : : :.:.|: : : : :',
           /. : : : : : :{: : |´`i: : : :.:| : : : |: : : : :|: : : : : i
            |: : : : : : :ハ:.:|  |: : ムト、: : |: : : : :|: : : :.:.:.|
            |: : : : :Ⅳ  V.  |: /<| ̄`メ、: .:.:.:.|: : : .:.:.:|
            |: : : : lィ仁ニ_   l/ >テ=ァ{: : : : :|`ヽ: : :.|
            |∧: : {^ヽ_ヒ.ソ     ヽ_りソ |: : : :.:|  ): : : !   おい、やる夫
            ′ Vハ              |: : :.:.:.レ': : :.:,′
              ';: ハ    ′      !: : : :.,': : : : /
                i: 小          ハ: : :/{.:.:./V    なんか食い物持ってないか?
                |: : : ト、   -- 、     /l: :/ レ'
                |: /´l: :ゝ、    ,.. イレ'|:/´ ̄`ヽ
                |/  l/ レ'´`¨´ノレ'´       |
                ′      く,. -‐===< __」
                    /´ ̄`ヽ    /⌒Y^ヽ
                     /          \_ノ `い
                      /              ヽヽ
                  ,.イ        :.        i
                 / i .:        :. .:       :.|
                 /\/i ,:        :. .:     . :.!
             /.:.:.:.:.:/ /         .:.: .   l. : : :,′
             /.:.:.:.:.:.:.:.:l/           y′__/_ ,.:./
           /.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.i          レ': : : :/: :/:;′
             {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l          l: : : :/: :/: :l
           ';.:.:.:.:.:.:.:..:.:.: l          l: : :/: :/: : :l

─【やる夫】─────────────────────────────

(無愛想で何かにつけてはやる夫に食べ物を要求してくるけど、懐が深く頼りがいのある店長の杏子さん)

69 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:16:42 ID:6zVV/ShY0
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                    ク:.:.:.:.:.:./:.:ィ:.:.:l !:.:.:.:.:ト:';.:.:.:.:.:.:l
          ,、        l:イ:.:.:.:/7/T/l:l l:.l:.T:.l ';.';.:.:.:.:.:l
          l l`_三'_     l l:.:.:.:,l l/___l!  !トl__l:.:.:.:N
     r、    lJ` ーt_'     l:トlYlr´ ー' `.j-t  ー' .lf.Y   おーい、入即出
     ゞヽ、     (cト, ェlL_     l lー― '´ ` ¬¬'l. /
        `ヾ::ヽ、     =゙k.    ヾ、           /´    暇なら買出し言ってきてくれ、買出し
        ヾ:::',    `ー      ` 、   ニ , ィ´
ェ:-:..、     r'-:、!             rl ` .ー ' ノ`!
  `ヾ:`::ー::':::'、@,rヽ、  _         _/l r-`tr_'.:-,ノ` 、
    ` ー¬¬ 、  >' , >¬__  - ´   `l:::;::ry:、:_リ   ` - _
            7 /´ / l _      `´' l ''           ` - 、
           lヽ-、´ /´,、l   、      l                ハ
           l   `ヽ、 f ヽ、`ヽ、  `ヽ、  l           / !
           _l       l   `ヽ、 `ヽ、    l           /  li
            fヽ、    /、       `ヽ、`ゝ、 !          /   |i
          リ   `ヽ ノゝ ',        `ヽ、`ヽ、          //   ',

─【やる夫】─────────────────────────────

(厳しかったけど親身になってやる夫に仕事のノウハウを教えてくれた先輩の小鳥遊さん)

70 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:17:02 ID:YOpD3xaE0
>>58
それができたら他の作者たちを超えるw
せめて1000レスにしてあげてw

71 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:17:03 ID:6zVV/ShY0
V ./∧         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
.∨ ./∧        / : : : : : : : : : : : : : : : : , : : : : : : : : ハ
 ∨ ./∧.      , : : : : : : : : ,': : ,: : : : : : :', : .',: : : : : : : ',
  ∨. ./∧.     , : : : : {: : : イ.: : ハ: : : : : : .}、. ト、: : : : : : : ,
.  ∨. /∧..    i : : : : l|: : : l l : | .',: : : : : : ト.-|、| .|: :} : : : i
   ∨. /∧.    ,: : : : : |.|   ト ', l"´',: : : : : |:l/l }.ハ| : : ィ l
.    ∨. /∧   i: .{: : : { |从/ V  Vヘ,}: / ,__|/ } / .∧l
     ∨. /∧   | ヘ : : ヘ||l ,ィ〃"゛   }/   ̄`゛ // : イ `'、  やる夫くーん
     ∨.  /∧. |: : ' ,: : : 从         ,   /// ./ /| |
.      ∨.  /∧ | : : : 'r、: : : ヘ, ///        /イ/:l:::|    無暗に杏子さんにお店のお菓子あげないようにね
.      ∨   /∧|: : : : \\,ヘ、    __ ,    /:::::l : |
      __y´ ̄ ̄ ̄\ ',: : `´ヘ    `< ̄ノ   ,..:::::::l : l
     /    __  `ゝヘ::: ヘ       ./}:::::::/ : : l
.    /    /  //∧  ,' ゝ \{ | ` 、 _ /l::::://: : : : l
    `=、  ∨  /⌒l_/: : ::::r<L      .|>'´.|: : : : : l
      ヽ、/y ´  / ] : : :::l    ̄ヘ   /´  /: : : : : : l
        i /.      ハ-=T       ', /   /`ヽ:_: : : l
.       l      /  ,'  |       ∨    . l ̄ lヽ、l
        l        /`l |   r≦三》X《三ミ、.  l  l  ` ー ヽ,
        l        ./. |  .レシ" ∥ .l| ヾ′ |   |       ',

─【やる夫】─────────────────────────────

(どういうわけか何時も日本刀を持ち歩いてたけど、それ以外は優しくて人当たりのよかったチーフの八千代さん)

72 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:17:04 ID:8glu.rIg0
なんてこったww今のところさやかと誠以外知っているキャラが一人も居ないwww

73 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:17:33 ID:6zVV/ShY0
                      /     、        ヽ
                /  ∧   丶         i
                     /  /ハ    ∨   /    |
                    / V┼丶     V   /     !
                 'イ ハマヽヽ、   ヽ  /`|   i  おい、入即出
                    V ハ / ヽヽ     / ! ハ !
                 v从 `   Vv  iイ l ハ!  ホールが暇なら厨房の方手伝え
                ゙'==<二ヽ ヽ ‐‐  Vv vハ v′
               /-‐   `ヽ`、   - ´VV ∨、
               /´、      Y´ ̄!┌‐'‐' ̄ ̄ i
              し ヽ    丶  ハ/       |
                ∧ / ̄`ヽ /  ,  '´  `丶、
                  / /    Y´ ̄         __>-、
               / /      ヽ      /       l
                 / /      イ     /         }
             /  ヽ   /  i O /  //        j
             〃    ハ_ /     ヽ / /         ′
             /   i i  Y        V⌒ー-─‐      /
          / ′  1 l  l       \           /
         /      1 l  、        ヽヽ          /
       /       / {   ヽ                 /
      / ─-、   / ! } O ヽ         /     /

─【やる夫】─────────────────────────────

(一見するとヤンキーみたいだけど、いざという時は頼りになる皆の兄貴分だったコックの佐藤さん)

74 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:17:54 ID:6zVV/ShY0
                      -ーjjー....
            .> : : : : : :||: : : :㍉
           /: : : : : : : : :jl: : : : : : ヽ
          ': : : : : :.:.>ー-=ニ.ニ=一<',
           /: : : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : \
        /: : : : :, ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.
          /: : : :/: : : : : : {: : : : : : : : : : : : : : : :.
       {:.ー=彡: :/: : : : / |: : : : : : :|、: :ト: : : : : :ミ、
       l: : :./.: : {: /:/レ¨¨|∧:..:/㍉代:|¨代: : : :ト=ー
       :. : /: : : :|/イ 示ミ  ∨   示ミ、jィ: : : :l   やる夫くん!
       l: :.{イイ: ∧ Y し:::j    .し::::} ソ 从{ヽ〉
          }: : : :.レ: :=', ゝ弋ソ     弋:ソ / /フ     今日も一日頑張ろうね!
         l: : : : :.ハ ',  `¨¨  ′ ¨¨´ 代)
        }: : : :/:.弋_.'    、     ,    ム' `ヽ
        ノ: : :/: : : : : 弋     ¨¨´   ノ    }
     ./: : : ム ''⌒'' ー- > 、 __  r<  >-‐、 |
    ./: : : : 人 |  へ、_j弋_    __V辷´   ヾ
  ∠:_: : : : :/  ヽレ' -‐く)  ヽ. / r㍉ V /   l
      ̄/   {   二l===(ニ)==,ヘ  ∨   |
      /     |    rノー/ィ㍉ー<`    j   |l、
     {      |   j  //{___}ヾ{    ./     l ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

(見た目が小学生みたいだけど、何時も明るくて誰よりも努力家だったウェイトレスの種島さん)

75 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:18:12 ID:6zVV/ShY0
             _,. . : : : ̄: : : `ヽ、
            ,. : ´: /: : : : : : : : : 、: :ヽ、
        /: : : :./: : : : : : : :l: : : : ::,: : : : .
       ,:': : : : : /: : : : : : : : :i: : : : : :,: : : : : .
        /: : : : : :,: : : : : :/ : : : : : : : |: : : : : : : :.
        ;: : : : : :./: : : : : /{: : : : : : :.:.:|: : : : : : :j!!i
      ;': : : : : :.!:.:.:|: : :/ l: : : : : :.!: :!: :i: : : : :{0!!
      |: : |: : : :|: /|: :/ ,.ィ!: :|: : : :|: ハ: |: :|: : : :l: !  ごっ、ごめんやる夫くん
      {: : |: : : :|:i,-l:7 ´  ',: l: : : リ/`ヽ!、:!: : : :l: |
        |: :ハ: : :.|:{ ,.-rtfォ、 リⅥ:/,ィ=ォリ l:|l: : :/|、:. それ以上近寄られると、私また殴っちゃいそうに……!
      }: { Ⅵ: |圦 弋zソ    l/ 弋(ソヽ} l: /: | ヾ
      /: ハ.、从!               ;:イ 、:!
    /イ  ',: ハ  """"    '   """ /   |
         }: lム                ,
         Ⅵ}:ム       っ    ,:'
            |:,ィ: i>        <
           <二|   ` ー i´`ヽ
    __,......、__}   ̄`ヽ、   / ̄ / _
  /`ヽ、  \ ヽ \     }   !   /`|  |´ ̄ ̄`ヽ、
  ,    \  マム   ̄   \/     ,!  !    /   ヽ
  |      \ マム    ,...-rrォrr-、 |  |   /    }

─【やる夫】─────────────────────────────

(男性恐怖症でやる夫のことをサンドバックの如く殴ってきたけど、根がいい子だったから怒るに怒れなかった伊波さん)

76 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:18:35 ID:6zVV/ShY0
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::/:::/:::/:::::::i!::::::::::::::::::::!::::::::ハ
           /::::::::::::::::i!:::!::::!i::::::::::::!::::::::!:::::::::i
            i:::::::::::i:i:i:! ̄i:!:`L:::::::」 ̄i:i:i:!::::::::!
            |::::::::::::i┌o‐;ミ     テ;┬, V:::::::! やる夫さん! やる夫さん!
            |::::::::::::| ` 弋ソ     弋ソ ' ハ:::::jj
            |::::::::::::|〃〃   ` 〃〃ハ:|``′山田、おかげさまでようやく研修バッジが取れるようになりました
            |::::::::::::|、    ┌‐ ┐   /:::i
          i::::::l:::::l::ゝ   ヽ ノ  ィ:::::::|
          |:::::ハ::::i:::::::|` 、  ,ィ:´::::!::::::::!
          |::::::ハ::ヘ ̄ー‐┐ /ヽ::::!:::::::::|
           レ‐‐rヘ:ヘ     l  /´/::!:::::::::(>ヘ
        /  / ´ -ミ!\_∨_ ヽ!:::ト/、丶`ヽ
          /  {   ´ ):!「::;;/ハ::`:ヽ} !::!ゝ    /
       /   、   j::::ヘ /:/ !::!`"j V:!/   /
       /    /  ∧:::V::/__Vヘノ V:!i  〈ヽ
       /   /   / }:::}V ヽV::〉  j::jヘ   ヽヽ
     〈、_  /   /   j/   、   jハハ  ヽヽ、
       //    /       ,      }   ヽ_}
      〃    /          ,       ∧    ヽ
     {   _ ィ           /      / ヽ、    ノ

─【やる夫】─────────────────────────────

(そして最後に、やる夫の後輩で、数いる同僚の中で最も親しくやる夫に接してくれた葵ちゃん)

77 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:19:05 ID:6zVV/ShY0
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ', ははっ、やったね葵ちゃん
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|

─【やる夫】─────────────────────────────

(皆、とても親切でコミュ障気味だったやる夫にも分け隔てなく接してくれた大切な人たちだった)
(何かとトラブルはあったけど、今となっては伊波さんに殴られたことも葵ちゃんのフォローをしていたこともいい思い出だ)
(多分、彼らといた二年間がやる夫の人生の中で最も輝いていたと言っても過言ではないと思う)

78 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:19:42 ID:6zVV/ShY0
                  _ __ _
              ,. .:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
           , .:'´.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:\
          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::::::::.:.:.:.::ヽ
            /.:.:.:.:..:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:',
         /.:.:.:.:.:;'.:.:.::l.:.:.:.:.:.:.:. : i.:.:.:. l.:.:.:l:. . i.:.:.:.',
         ,′.:.:.:;' . l.:.:l:|.:.:.::.:.:.:.:.:|.:.: . l.:.:|:|.:.: |.::.:.:.:i
          |:|.:.:.l.:.|.:.l.l.:.:l:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.j:.l.:.:|:|.:.: |.:.:.:.:.:l  やる夫さん、約束覚えてますよね?
          |:|.:.:.l.`メ从iリ:L.:.:.:.:.:.:.:ハ.:/从ィリ´ .:|.:.:.:.:.:|
          |:{.:.:.l. レ'>r代く‐‐‐┘ィィ行=ァ .: .:ハ.:.:.:. |  研修バッチが外れたら遊園地連れて行ってくれるって約束です
          リレイ.:.ハ ヽ しソ    イしソ/ i.:.:.:.リ.:.:.:.:|
          i.:.:.:ハ.,,`ー'  ,   ー ',,. .:l .:.:.i.:.:.:.:.:.|
          l.:.:.:U `゙゙゙        ゙゙゙゙´/.:.:.:.:l : :.:.:.|
          l.:.:.:.{:ゝ.、   、    , イ.:.:.:.:./ `ヽ .|
          ハ.::V/爪>. _ ,. イ ∧.:.:/   V
           / ゝ‐'つ \ 」 / ノ/ゝ'ヽヽ   ',
         i / / /ヽ _ヽV,. イ,rく`) ノ i   / ,
         l ヽ    (.:.:.:.:ハ.:.:.:.ソ    ノ /  i
           /l  ト、   V.::ハ.:.〉    イ l /   |

─【やる夫】─────────────────────────────

(特にその中でも葵ちゃんと一緒にいる時間はやる夫にとって掛け替えのない物だった)
(おっちょこちょいで手間の掛かる子ではあったけど、やる夫によく懐いてくれたしプライベートでもよく二人で遊んだりもした)
(当時から一人の女性として好きだったかどうかはもう曖昧だけれど、少なくとも大事な妹分であったことには変わりはない)

79 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:20:40 ID:6zVV/ShY0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   もちろん覚えてるお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //    葵ちゃんが一人前になったお祝いだし、パーッと遊ぶお!
  / __        /
  (___)      /

─【やる夫】─────────────────────────────

(佐藤さんや小鳥遊さんからは甘やかしすぎなんて言われもしたけど、やる夫は其処まで気にはしなかった)
(手の掛かる子ほど可愛いとでも言えば適当なのだろうか?)
(まあ何にせよ、教育係として長いこと彼女と一緒にいたこともあってか、何時の間にか情が移っていたのは間違いないだろう)

80 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:20:52 ID:7mlFl90w0
かわいそうまさん・・・

81 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:21:03 ID:6zVV/ShY0
    r‐ 、_ し~':::::::::::`乙ノ:::::::::::::::::::::::`:..、     j⌒´乂
  (   ,_)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::::::::::\  (__,  ,ノ
    `ァ' .::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::、::::::::::丶  乂ノ
.   /   .::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::\:::、::::::..
  /   .:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::ヽ:::::::::::.
.  ′ .:::::::::::::::::::i:::::::l::. ∨::::::::::::::::::::::::::::∧:ヽ:::::::::::::::::.
  {....:::::::::i:::::::::::::i :::::|::::. ∨::::::::::::ニ=-  ┘ノ\}ヘ::::::::::.
⌒つ::::::::::i:::::::::::::i ::::|>{⌒ヽ ´    ,斗:允㍉ {ハ :::::i|\
  ):::::::::::i:::::::::::::i X{   .二、      「 し! ,カ {ハi:::|:i|   ほっ、本当ですか
し'´::::::::::::::i:::::::::::::i  ,ィ〔 し,      弋ノリ   Wli::l八
.  ::::::::::::::i:::::::::::::i  ㏍弋_ノリ           Ⅵi:|
   ::::::::::::::i::::::::::::::.               ′ //ハli:|    山田、期待しちゃいますよ?
.   :::::::::::::{⌒:::::::::::. ///                  }i::|
   ::::::::::人「 ::::::::::::.           -┐   八|
.   :::::::::::::::ヽ ::::::::::::.         (   ∨   . i::::::|
.     ::::::::::::::::::i:i:;::::::::::. 、        ー '   イ:|:l::::::|
     i:::::r‐ :::::i:i:i:;::::::::::. ≧=-       /:::| |::::::::|
.    (⌒ ⌒):i:i:ヘ:::::::::::.       ̄|下、::::::::| |::::::::l
.     |て人ノ::i:i:i:i:}i;:::::::::.        |'  \:ヽl::::::/
.    |::::::::::::::i:i:i:i人〉;::::::::.‐ ──┐ヽ.    } |:::/
      |:::::::::::::i:/   〉;:::::::.    |  ヽ  ∧.!∧
     |::::::::::::厶-==ミ \:::\   、  | :/〈∧ ’,
     |::::::::::/      \ 丶::丶  \ j/  〈∧ }

─【やる夫】─────────────────────────────

(実際、やる夫からしても葵ちゃんといる時間は楽しいものだった)
(下心とか、恋心とかそういう損得みたいな感情がそう思わせていたわけじゃない)
(純粋に彼女と一緒に子供みたいにふざけて、騒いで、遊んでいられるその時間がやる夫にとっては特別な物だったのだ)

82 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:21:04 ID:OqeEhhw20
この流れ……まさか

山田がメインヒロイン……だと……

83 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:21:45 ID:ZEL8AKB.0
山田がメインヒロイン?とは珍しい

84 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:21:47 ID:6zVV/ShY0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   やる夫にどんと任せるお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

─【やる夫】─────────────────────────────

(だから当時のやる夫はそんな彼女と一緒にいられる時間がずっと続くと信じて疑わなかった)
(バイトなんだから何時かは離れ離れになってしまうのは当たり前なはずなのに)
(無知で世間知らずなやる夫は彼女と共にある日々が、自分にとっての当たり前になってしまっていたのだ)

85 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:22:12 ID:BSg.c0520
相馬ハブられとるw

86 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:22:30 ID:8glu.rIg0
>>82
そこに気づくとはやはり天才…か?
まあ、自分もそう書きこもうとしたところだけどww

87 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:22:49 ID:6zVV/ShY0
               ,..-‐:::::::::::::::::::::::::`ヽ,__
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::/:::::::::::::/:::::::::::::/:::::、::::::::::::::\
         {::〃:::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::j::::::::::::::::::::ヽ
         "/::::::::::::::::/:::::::::::://:::/::/j::::::::::::::::::::::ハ
           V/::::::://::::::::/ _/__/:/ /::::i:::::::::::::::::::::}
            ヾV!、、_‐‐´  /'_'`ノ:::::::j:::::::::::::::::::::j
            i! ⌒`   "⌒゙`'/:::::/-、::::::::::::::::;′ はい、山田楽しみに待ってます!
            /|""    """/:::::/:!  !:::::::::::::/
              {::、   ー一 //::::://:!/:::::::::::::i
             |::::lヽ    //:::::/イ::j:::::::::::::::::::;
                !:::| {ヽ//:::::/ナ:/:::::::::::::::::::{
              !:::! /::::::::// ̄`ヽ、:::::::::::::::::、
             V/:/:::::::`/        \::::::::::::\ー--── '´
           /:ィ!  ̄ r:77/       __ヽ::::::::::::::`ヽ、__
         /⌒:/ V!  ´/〃 i , -‐´    `ヽ:::::::::\`ー─-`ニ=ニ
       / /:/   V! // l ! レ1        \:::::::::::::`ヽ、_
        /:/     V!/ ハ ヽ\ /      ヽヽ:::::::::::::::::::::::: ̄:ヘ
        V       ヽ/ ヽ `/           〉 \:::::::::::::::::::::::::ヘ
                l   ∨           /ll }  \::::::::::::::::::::::ヘ
                l   /         /  〉'j    >\:::::::`ヽ、`
                ヽ/       / / / , イ    \:::/´
                  /         / ´ / 1、   ヽ    `
                 /         /  /    ハ   ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

(そう、この後突如として彼女が忽然とやる夫の前から姿を消してしまうまでは……)

88 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:23:29 ID:6zVV/ShY0
                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |
                 \三三二         /
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',
                /三二 :/ /  Y三三.二二    ',.
                  /三二 :/_フ   j三三二二    /
                (`ヽ____ノ    ,厶三三二二__ ..イ
                    ー ´    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ixイi:i:i:ノ
                        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'升:i:i:i:i:i′
                    /i:i:i:i:i:i:i:i,:´  l:i:i:i:i:i:i:i:i
                      /i:i:i:i:i:i:i:i/    l:i:i:i:i:i:i:i:i
                        /i:i:i:i:i:i:i:i/      l:i:i:i:i:i:i:i:j
                γ⌒ヽ、:i:i:i:イ    (⌒ー―イ
                     ー-----一′      ̄ ̄ ̄

─【やる夫】─────────────────────────────

(葵ちゃんがやる夫たちの前から姿を消したのは本当に突然のことだった)
(何の前触れもなく、置手紙も退職届も留守番電話の一通もなしに本当に忽然と……)

89 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:23:33 ID:8glu.rIg0
もしかして沢山の人が異世界に言って山田がやる夫を道連れに?

90 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:24:04 ID:6zVV/ShY0
   /    .:/  ..:.: トミ:イヘ .:.  :.ヽ ..:.:.:.ヽ:.  :ヽ:.ヽ .:.   .. :.. | :| ..:.:.:.  ヽ
   .′ .: :/   ..:. |    | .:  .:. | ..:.:.:.:.|:.:. ..:. i .:.| .: rく_ノ7:,、 :!:.} ..:.:.:.:.  :i
  .′ .: .:′ .:.:.:.|    ∧ .:| .:...i:. .:... !ヽ .:.:.. l : | .r‐`ー':( く :|:.′..:.:.:.:..  |
  | .′..:′ .:.:.:.:. {     | :.i :.:. |ヽ .: 小 ヽ .:. ト l: `) ):r‐ミ’!:′  .: .:.  |
  | ..:! ..:.:! ..:. { .:.:.i: i     N:.|:. .:.| ハ.:|| 斗::|ー} ..:くノ L{`’ |´ ̄`  ..:..  |
.  : .:| ..:.:|::. .∧ ..:|:|   |!ハ:.. :|   i:.:}イ   i:.| } .:.:!:.   .:.. | / ヽ|.:.:.:. l  山田の奴……!
   } ..i| ..:.i|.: 廴i:.:ハ{    | || !::ムイ }:/ } __}ノ__j .:.:|:.   ..:. ′  } | :.:.: |
   | .:}| .. l!:. :{ Vトー 、   } }ト`|/斗z七デ::i ̄}ワ'| :i::.   ..:.厂) ノ ;   .i:.|  また給料は天引きだな
   |:/ |..:小..:.∧ 斗==..ミ、  ノ ノ     V::.ツ  '´ |:.:.′:  ..:. |ノ ' /:.  ..:| |
   }′|..:.:lハ{ ∧八 Vツ`       `         |:/::.:.  ..:.:レ  イ:.:.:.:.  i:.{
.  /   i..:.:i .:.:.:::∧                    |′::.  ..:.:| .イ:i:.:.:.:.:.  i|:.!
      | :.:| ..:.:.:i::.:'.     ,               }:.:.:.:..  ..:.:.「:.:.:. }:.:.:.:..  ||:′
      | :小 .:.::|:.:ハ   〈             /:.,:.:.:.  ..:.:.:|:.:.:.:.′.:.:.. リ}′
      }/ i . :.:.:| ::.:.:.:.    丶           /イ:.:.:.:.:....:.i:.:i|:.:.::′.:.:... .′
     ノ' | : ..:.:.:}:.:.:.:∧              /' |:.:.:.:.:.:. }:.小:.:|:.:.:.:.:. /
       |..i .:.:.:.:.: ::/i 、      、 _           |:.:.:.:.. /: ;|/}!:.:.:. / _
       |:.| .:.:. :. :::/|::\    `ー’      /| :.:.. / lム}爪}: /厂-- ミ
       |.:li .:.:.:.:.:.:′|::::::::::> .        . イ   |:... /イ / ノ}イ  {
      i:.|∨ .:.:.:′ !:::::::::::::::::;:ヘ.__  <   r― } .: /        /ハミー<
      人 ∨ ..:{ |:::::::斗く      ヽ. l   ノ:イ       ノ/  }  \


─【やる夫】─────────────────────────────

(最初の一週間くらいは皆ただの無断欠勤だとしか考えていなかった)
(まあ、元がちゃらんぽらんな子だったし、神出鬼没なところもあったからどうせまたひょっこり戻ってくるだろうとそう信じていたのだ)
(だが、二週間経っても三週間が経っても彼女は姿を見せることはおろか連絡の一つも送ってくることはなかった)

91 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:24:51 ID:6zVV/ShY0
                      ___
                     ´ : : : : :`  
               /: : /: : : : : \: : :\
              /: : /: : : : : : : : \: : \
             / : : :./ : : : : : : : : : : '. : : :.
            :′: : : : : : : : : : : : : : : : : :.
            |: : : : : : : !: : :/:.:.:.:.!: : : : : : :  '.
            | : : : : : : : l: : : '| : /!ミ彡!: : : : : : : : : |: : : : |
            | : : : : : : : l: :./ |: :| |   ∨:! : : ! : : : |: : : : |
            |: :l: : :.!: : イ:/| |: :| |   |: |ヽ:.:|、 l: : : : :l : |
            / : |: !: |: :|_| |_!__: :.j│  __j: j__| :|_l:|V:l : /: ハ
            ∧: :|: !: |∨ リ ! ∨    レ′レ' リ !:.! /: : | }
            ∨リ∨/ヾ¨¨Vツ¨ 、   / ¨Vヅ¨フ レリ }: /
                :.  「{     - ノ―‐{      ノ¨/レ′   くそっ、山田の癖に心配かけやがって……!
              ヽ._; `ー   ´″   ` ‐    ´j/ \
           ,  ´ / ハ         '        ′、  \
        ,   ´    /  '.                /       \
        /       /  ' ヽ        __      /′       \
    /       /    '.  \   '----`  / /          \
   /             '.  、> .. __ .. イ  /              ∧
   |  ヽ            '. __\  / __ ′            / l
   |   、           ヾi:i:i:i:i:ヽ┴r≦i:i:i:iノ           /   |
   |     、           |:i:i:i:i:iノ┬'、:i:i:i:i:i{            /    !
   |     :,               ¨¨¨´  |  `¨¨¨

─【やる夫】─────────────────────────────

(流石にこれには店の誰もが彼女のことを心配した)
(幾ら彼女が店一番のトラブルメーカーであるとはいっても、なんだかんだで皆彼女を気にかけていた人ばかりなのだ)
(あの小鳥遊さんですら休日に目撃情報がないか学校や市内の人間に聞きまわっていたくらいだ)
(それだけ葵ちゃんは皆から愛されていたと言うことなのだろう)

92 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:25:41 ID:6zVV/ShY0
       /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..λ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
      /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..リ.入:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
      /:..:..:..:..:..:..:..:..:..V:..:..:..:ノ ヾ,:..:..:..:..:..:.ヾ:..:..:..:..i
      |:..:..:..:..:..:..:..:..:...ハ:..:..:..:i   i:..:..:..:..:..:..:..ヾ:..:..:..:|
     .|:..:..:..:..:..i:i ヾ:..:.i .i:..:..:..|   |:..:∧:..:..:..:..メ:..:..:..:|
     |:..:..:..:..:..乂:.λ:.ハ:..:..:.i   .|:..:ハ:∧:.r、リ:..:..ノ:|
     .|:..:ヾ:..:..:ノ゙〉、メ、一ヾ∧  .レ′`ー.∧ヾ:../:..:|
      |:..:.ヾ.ノ / 丿  _, "     、_  人 ヽ∨:..:.|
      |:..:../ l / .ハ ,====      ===、 〉 i iヾ:.|
      |:..:..(,リ i | ,メ' ,⊃ 、、     \\ノ.| | .レ':..|  葵ちゃん……本当に何処に行ってしまったのかしら?
      |:..:..∨.′'´./\    `   人 `丶 ゙ 〉:..:|
      |:..:..:.ヽ   .)`         .'  〉   ノ:..:..| 
     .|:..:..:..:∧  ゙ヽ           /   /:..:..:..|
     |:..:..:../:..:\  ヽ   ∠_ゝ  /i   ∧:..:..:..|
     .|:..:..:/:..:..:..ハ   ト、     /ト、|   〈:..:ヾ:..:..:|
     |:..:../:..:..:./:i:i:i〉  | `ー-‐'" ,┴.ヘ  ..ハ:..:.ヾ:..:..|
    |:..:./:..:..:./:i:i:i/ ", .| ̄ヽ   ノ´   |   ト-─-、i
   〃´ ̄ ̄ ̄i"/   .ト  \ /  /  |   .|    `ヽ.
  /       .| ノ    |   r-、     .|    |      |
 /   \   .レ    .| ̄ ̄´r、 `ー--ゥ∧   ヽ  /   .|ヽ.

─【やる夫】─────────────────────────────

(けれども、そんな皆の健闘むなしく一ヶ月経とうと二ヶ月経とうと葵ちゃんはついに見つからなかった)
(後に八千代さんの調査で分ったことだが葵ちゃんは随分前に家出をしていたらしく、何年も家に帰ってはいなかったらしい)
(流石にこうなってくるとやる夫達の力だけでの探索は不可能に等しかった)

93 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:26:10 ID:6zVV/ShY0
              /: : : : : : : : : :─-: : : : : : : \
     ○      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`: : 、: : \     O
           . : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : .
          /: : : :/: : : : : ∧: : : : ヽ: : : : : : : : : : :ヽ : : ヽ      。  ℃
            /: : : : : : : : : : ; |: : : : :|\: : ヽ : :ヽ: :☆=-ハ
         . : : : : : : :.{: : : l | : : : : 卜 __\:_}_,.:イ: :ハ=-:|           ○
         |: : : : |: : : V : :| 人: : : : :|  x==ミ、: |: : : :|: :八
         |: : : : |: 、:_:_V:_| イ \: :| ′んハ V∨: : |: : : :\   けっ、警察の人にも連絡したけどやっぱり分らないみたい
         l: : l: 人 : : : |: :|x==  \|  弋ツ ノ ∨:∧「 ̄`
         l: : l: : : \ : |∨ んハ              }/ }:|     目撃情報があったら知らせてくれるみたいだけど……
         |: ∧: : : : :ヽl〈 弋ツ   ,   ////  ノノ            c
  O      |/  V : l : 人                爪{
            V :|: :{  ヽ////  r ァ=- 、 u /: : {
             V:N人 ∧       {/    }   /{从人         O
              }ノ  \人       ヽ __ノ   ├y、
                    `   .、_    /  / |
    。                 厶 ハ ̄_, -<   人__,.  -──- 、
                          く ∧ :} {     /  } |    /   ヽ
         c         ___ > V_ノ         /  l    /
                 ´   〃  , -{:::}-:、       /  l   /      ',
                /    /!  /:::::八::::::\   /  |         i
                  /    / l く_:_/し'|\:_:_:>       l  ′ l      l
                  丨 / { /:::/  |:::|  /    l  /   l      |
               l | /   V:::/   __|:::::| イ        | /   ,′      |
               |  ∨   〈::/\厂 j:/       |   /      |

─【やる夫】─────────────────────────────

(その後結局、やる夫たちは警察に届け出ることに決めた)
(彼女がどういう理屈で家出していたのかは分らないけれど、もしかしたら何らかの事件に巻き込まれた可能性だってあるのだ)
(もはや皆が皆、形振り構ってなんていられなかった)

94 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:26:15 ID:32jl0hd20
どうしようwww
知らないキャラが一人もいないでござるw
そして相馬さんかわいそすw

95 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:26:52 ID:6zVV/ShY0
          ー=彡. :/: : : :/': : /: : : : : : : : : : : :\ : : :\: : : :/ :
               /: : l: /: /  {: :' : : : : : ノ: ハ: : ト、: : : : : : : :\/ : :
            ': : : l/{: '   l/{: : : :/ l/ ハ: }_、: : :}'ハ: : :厂: : :
               lイ: : {八ト-ュ=八 : /`  `二_lノ. ヽ : /:∧/ : :ノ: :
            l: : ∧  〃,心 ∨    ´ん心 ヾ V`Z:厶イ: : :  葵ちゃん……大丈夫かな
            l/Vハ__j{ rし::}       rし:::} }レ  Zんハ: : : :
                 _{ハ`{弋:ツ     弋::ツ 〃u/ ) i }: : : :  変なことに巻き込まれたんじゃないといいけど……
               /人}  ー  ,     ー  〃   し ノ: : : :
              /   { //     /////  ,r-=彡: : : :
              〃    八    -‐-‐-‐-   //  / !〉: : : : : : :
            //       \            // .イ/ム、 : : : : :
.           //     _. -‐=>  .  _   . /< / ノ / ̄厂 ̄
           '/     ∧  /  /  、∧ / {,'__ / /  /
          {′    / / ̄`ヽ'   ヽ}/ /   `ヽ. /  /
              / /   \/⌒Yニニロ〈/      i'  /
                / 〈   \ {  ノ 〃 /{_/     l /

─【やる夫】─────────────────────────────

(だけど、それから何ヶ月経とうとも彼女が目撃されたという情報が入ってくることは一度としてなかった)
(やる夫もやる夫で何度も何度も警察に足を運んだけれど、返って来るのは何時も「情報はない」の一言だけ)
(葵ちゃんの足取りは警察の手をもってしても掴むことはかなわなかったのだ)

96 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:27:31 ID:tdW4kjbo0
相馬さんはバイトになる前に異世界に渡ってて、向こうで会える かもしれない

97 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:27:37 ID:6zVV/ShY0
        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ……葵ちゃん
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ   本当に何処行っちゃったんだお?
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

─【やる夫】─────────────────────────────

(万事休すだった、もう当時のことを言うのであればそういうほかない)
(その後もやる夫たちは必死になって彼女の足取りを追ったけれども結局その痕跡すら分らずじまい)
(もはや誰もが誰も、意気消沈といった有様だった)

98 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:28:07 ID:6zVV/ShY0
        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |

─【やる夫】─────────────────────────────

(まあ、もっともそれは、あの日偶然見つけたニュース記事を見かけるまでの話なのだが……)

99 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:28:42 ID:6zVV/ShY0
  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       /       .::::::::::::::::::::::\
  | |       /          ..::::::::::::::::::::::::| れっ、連続少年少女失踪事件……?
  | |      .|          ...:::::::::::::::::::::::::|
  | |       |        ....:::::::::::::::::::/ なっ、なんだおこれは!?
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

─【やる夫】─────────────────────────────

(連続少年少女失踪事件、それが某有名検索サイトのトップニュースを飾っていた一面記事だった)
(なんでも此処数ヶ月の間に6~18歳までの少年少女数十名が立て続けに突如として行方不明なっているというのだ)
(それも、まるで照らし合わせたようにやる夫の住む街の周辺で)

100 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:29:36 ID:6zVV/ShY0
               `ヽ/ , ィ   \}
         -‐==アー<vイ厶ヘ     \
         _,,∠ -―┴─- 、 ヽ    〉
           ∠二 -──- 、   \ヽ、 l
         , '´           \ 弋ハ  |
       /  ,  !   i  i   ヽ《 ハ i|
        l ! {  ト、   i  li イ   , イ  ト、l
       Vト、 iト、i「、ヽ | 〃リl  / /  ,'  ヽ
         iiヽlイbハト\ト/イヒjス イ / K ヽ、ヽ
         ii l ゝ‐'    トイノ レ7l |}〉 ヽヽ、\
         li ト.    i      / トyヘ  ヽハ\.ヽ
        リ! |ト、  r‐、   , -‐┴┘´ |   ハ \ 、
         ヽ|〉イ\ `´ /         |  / イ}   トヽ
          / /  `ーイ         ヽ   ,イハ   l
        く  `ヽー- /  /  ̄ ̄ 入 ヽ ノノノ  /
          /`ヽ、 iLy´ /  ,  ' ´  ヽヽ'´    ト、
       〈    Y´  /  /      ハヽ   / \
        l\厶 く  / /        ハ ヽ  〃   ヽ
        |  >〉 ヽ.//           〉 V /  N ハ
        |. /  l  /´               /  V   ノノノ i
        |/   ',_ノ   _  -‐ ' /      \彡'   !
      ノ     / ̄ ̄        /           \   !
     人   /` ' ‐-  , _   .ィハ   , -―─┬イ   l
      〉 `ー/         ` ‐〉 /     , '  ` ー┴‐--、
.    /   /            //    / , -一        \
    /   /            / ヽ     / /              ト、

─【やる夫】─────────────────────────────

(調べて見たところ、初めに姿を消したのは由詑かなみという八歳の少女だった)
(なんでも知り合いの男とこの周辺の温泉に旅行していた所突然として姿をくらましたとのこと)
(それが丁度この連続失踪事件が世間に広まり始める一年前のことだ)

101 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:30:01 ID:6zVV/ShY0
          z===、、   , z==、、
        ,イ"  ,. -- 、ヽ,ィン,. --.、
         /  _ ヽ,r',. -- 、: ヽ、
          /: : : /‐-、ヽ: :f: : : : : :.ヽ ヽ
      Y´/: : : /: : : : : : : : : : : : : : : :ハ: : マ´゙Yヽ
    ,.r‐マ: : : /: :/:./ :/: : / : .:l: :ヽ: : :. !:.:.ム_人ノ
   //: /: : :/ !:|: l: l: :.l: : : !: : : l: : :.ハ :.:.l: : :.|: :ヽヽ
   仏:./:/: / : !:|: |、|'":!、: :.ト、 '"!\゙:'ム :.l: : :.!: : :l:.キ
   !l-!:l: : l: :..:!:ト、! ‐゙、! \! \!ァ‐メ、!/!: : :|,、,、rl''
      !:l: : l: : :N/ん バ     ん :ハ ゙,//: :.! l
     ゞ、.ゝ、 !.ゝい リ       い゙リ //. ...ハ.l
        7!ト | ト ` ゙ ´  ゙_   ` ゙ ´ 7: : :ム:リ
        !:l:l: :.人     -'     //: /:ィf
       !Nヘ !l `' .       ,. '/: :/'"
         ゝ!l    `i' -- ' "´ィ|_/ィ''|l
          |:!   _ィ」 ; ̄ ̄;:;:;7 ト、,_!!
         _,.|:!''"´ |:;:;:;:;:;:;:;;:;/   |l `メ、
       ,.く  ゞ、  |:;:;:;:;:;:;:;/    メ / >
      /\ \     |:;:;:;::;:;/   ィ' / /  ヽ


─【やる夫】─────────────────────────────
(二人目に犠牲になったのは木之本桜という10歳の少女だ)
(失踪したのは以前失踪した由詑かなみのわずか一週間後)
(この時点で警察は猥褻目的の少女誘拐事件だと半場断定しかけていたようだ)

102 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:30:49 ID:6zVV/ShY0
                ヽ    \      i     ヽ ヽ
                 i,     ヽ 、,_   {       ヾ l
              }   /ー- 、_   } i  ノヽ   )   }ノ
         !    人  ヽ、    }. / ノ/,,ニ } /   〈
       i 人   (  ` ー 、 i_, /   !、ニ'"_,=、_┐    j
       | { ,. -‐ ――-- '"/    イ;::じ;:}   |    r
       , ヘ y  ̄,. ̄-‐、-<´       ヽ;゚_;;ノ /  |  /
.        'i   _/ !;:::じ;:}        ! ヽ - '    !  r
       ヽ    ヽ゚::_ ' /       \       ! j
  __ ヽ,     }   ー-- ' ´        '゙ ヽ     | ヽ
.'"   `i   i{                     j      | ノ
|   r ヽ   ヽ                    ,.'"       l
ヽ  { i、,\   ヽ                         ,'-、_
 \ \  ヾ` ソ             _ ,,.. -ァ     /   ` ー- 、 __    ,.....
>、 ヽ `~ 、            < -‐ "´        /            ヽ
   |`ー' -  ゝ、             ´       /              |
   |   \    `                  , ' |               |
   |      \ _       _         _,/  l
  、f        ` ー- ,,__   ̄ " ¨¨¨/ ヾ.   |            ,. -‐‐
  ヽ            r、i   ,. -‐'゙ '"  |    |      , -‐ '"´
    \          |  ̄ 「| 「 ´    |   /

─【やる夫】─────────────────────────────
(しかし、ここで警察も予想だにしなかった大番狂わせが起きた)
(なんと三人目に失踪したのは少年で、しかも16歳の高校生だったのだ)
(名前はアムロ・レイ、近辺の工業高校に通う内向的な少年だった)

103 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:31:18 ID:6zVV/ShY0
    ''''- ̄,,, ̄'''- ,,,,.......-ー - ....,,,      ,.
      ,,,....-'=   . . . . .   . . ''''-,,_  l ヽ
     -''"  : : : : : : : : : : : : :  : : :    ヽ, l  >
  ,r'" ,,,,..r-: : :::::::,::::::::::::::::::::::::::::::i;::::::::... . . '  /,r'
 / ,-'''// : ;::::/ i::::::::::::::i::::ヽ:::::::ヽ::ヽ::;:: : :  /
./''" / / , : i::::/  i:;::::::::::::iヽ::ヽ:::::::ヽ:::i:::l: :  l::li:::l'
   l /::l i : /l::l,,--,,,,ヽ::::::::ヽヽ::iヽ'-::::ヽi::::::: l::iヽi
   ヽ::ヽlヽ,lヽ:lr"-;;,,""'i::::::::\;i''';;;;;;;;=,'''''i;;, /:::i'
     ': : l::::l' ;;" l;;;,  l l:l;;;ヽ:l-'-l;;;,  l ''i i;;;;l:ヽ:,
       .l i ;,i,  '-,,,ノ /   'i  ヽ::::ノ  /", `;
       ヽ ヽ,,,,_..../  ::  ''-..,,,,_,,,,,ノ-ノ /.
       ヽ,,_''i,     __,,...     /'''"ノ
         "'\          ,..;-'''''"
            ";-,,,,_   _,,,..i-''''-';,
          ,,,../ :\ ,"'''''"-,-"r''''''/-:::::::ヽ
       ,,,-'''''"" l  \::::::::::''''i"::::::/:::::::''''- ;;;ヽ
     /   ,,  ::::::l::::::::::::i::::::::/-"-ー"::ヽ,: : ヽ:,, ヽ
     /     i : :::::::";;-:::::ヽ"    l:::<,: : l ヽ:: ;\
   /  :::::: : l : : :::ヽ,,::::::::::\    l::::::::/: :l  i ''-,,,-\
   ::,   \::::::: i::::::::::::::\:::::::::\   i::::::/::: : :: /- l :: ::::::l
   /ヽ :. \:::::! : ::::::::::::::::ヽ-::::::'''- l:::/::::: : :/ヽ:::i:::::;;;;;;::
  <, : : : : : ::\::::::::::: : : : ::::::::::::'''-::::::/:::::::::://-'i::/ /

─【やる夫】─────────────────────────────
(事件は更に続く。四番目に失踪したのはまたもや少年だった)
(名前は江戸川コナン。近所のマンションに住む、地元でも有名なサッカー少年だ)
(これにより事件は単なる少女誘拐事件から一気に混迷を極めることになる)

104 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:31:29 ID:32jl0hd20
マジで知らないキャラが一人も出てきてねぇw

105 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:31:33 ID:6zVV/ShY0
                 ,.. -────‐- 、
           ,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.イ:::;:::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::ヽ
        /::://:::::,.'::::::::::::::::::::::`:,:::ヽ::::::::::::',
        ,':::'::::,'::::::/:::::::::::::::i:::::::、:::`i::::`,:::::::::::',
         i::::l::::!:::::,':::::!::::i::::::!::i:::::ヽ::::i::::::',:::::::::::',
          !::::i::::|:::::i::::::l.i::!i:::::|!、i、:::::i:::::!::::::l:::::::::::i
       l:::::l::::l:::::|;;;:::L!| ',::::i ヽ-i:::i、:!::::::l!::::::i::::l
        i::::::|:::::!::イリ|!l ! ',::」 .,!__ミーi:::::::i:l::::::l::::i
        !::::::!:::::i- ,ィぅ:ミ    ´'rチヾ.、!::::::l::!::::::',::::i
         |::::::|:::::ト, { i'′i      {′j' 'i:::::::|::i :::::::i::::i
         !::::::l:::::i、i `ー ′ '    `  !:::::::!:::!::::::::!::::l
         !::::::|:::::i:::ヾ、  マ´ ̄i  , イ|:::::::i::::!::::::::i:::::!
       l:::::::|:::::l::i:::::`i ,、 `  ' /i、!:!:::::::|!::l:::::::::!::::i
       !:::::::|::::::i::!:::::::l::, イ、 ー '´ ./ i.`i::::::|!::::!::::::::i:::::',
        !:::::::i|::::::l::!:::/ l! ヽ  /  !. l::::::!!`ト!、:::::i::::::',
        !:::::::l!::::::|,.イ   i   ヽ./.   |. !::::::| !  `㌧::::::ト、
.        i::::::::::l:::::::! i   ! ,ィ7トヾ:、 ! l:::::::! i   / `、:::::i
.        !:::::::::,!:::::::| l   冫::イ:ハヽ:::ヾ,l:::::::| |!  /  `、:::',
        i::::::::::i !::::::l l  く,.ク1::!. i::',ヽ' l::::::l  ! /    i:::::',

─【やる夫】─────────────────────────────

(その後も何人も……)

106 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:31:48 ID:6zVV/ShY0
              /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'
  |   ゝ         ヽ ! {   ヾ、   /´   /|

─【やる夫】─────────────────────────────

(何人も……)

107 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:32:19 ID:6zVV/ShY0
         ,.. ≦.:. ̄ ̄ ̄.:.:.ミ:...、
       /.:.:.;.:.:..---.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /.:::/,..  -‐zァ一- ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
      {:.// /´ {      `i 、:\.:.:.:..ヽ
      ∨ //     :  {   l| i \丶:.:.:∧
      / //_   \ヽ. ヽ l!  i i丶:ヽ.:.∧
        i  /´ ̄ミ`   ≦キ ト i }| ヽ.:::.:.:.}
        | ,イ,ァ了心、   ´,z==ミノ .′  i ∨::/
        |/,}ヘ. ヒ.ツ     {ぅ:.リ V  { | Y
        }/.| ,,,`        ー' チ  |  ∨l|
      ノ |    ′     '' .′  il   V{
     /i 人            { i  リ | ヽ
   / .イ {..{..\  ^      ,Ⅵ ,′ |  廴
  ( イ.人. |..|/..:::丶    _ . イ } / {   { ヽ  ヽ
   { {/ ハ.{...、....::N..:二「     廴} i{ 乂  '. }i i }
   ∨ ,..::ト...:V斗く  i    /l 人 ヽ ミ Vノ }′
   {   i...::} V´ノイ:.〉 /}   / {′/\\  \ノ
    乂 {...::|ハ.:.:.:.:.く .′ ーム ハ/.:.:.:.:.\ヽ  \
     ヽ:.リト }.:.:.:.:.{ }|/´ブ__,} { {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} 〉.   ヽ
     ノ}:ノ:}ノ:.:/.:.:.V7≦__ 人人廴..:/.:.:.:|/..}    }
  ー≦彡イj .:V..:.:/ Lハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:. |..ノ/  /
    {/ V.:.:i.:.:/ /} |i V.:.丶:.:{:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:} ノ  /
    人  }.:. {.:i ' !|l 、 V.:.:.:.:.l:.′.:.:.:ヽ::.j  / 廴__ノ
        |.:ハ:廴_,小  _}.:.:.:八}:.:.:.:.:.:.:.:V  人 _ノ
      ノ .:.∧:.:} | ∨{:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:〉i { ノ′
     ん彡.:.:.i:.:| |   |:.:.:、:.:.:.:.j.:.:.:.:.:.:.:./人廴ノ
     } .:.:.:.:.:イ}.:| |   {:.:.:.:\::.}.:.:.:.:.:.:.:}´
     / .:.:.:.: 小:.} |  |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヘ
     / .:.:.:.:.:.:ノ 〈` i  V:.:.:.:.:.:.j:.:.__ノ:.:.ノ
    ノ.:.:.:.:.:.:./   }\}__,〉 :.:.:i´:.:.:.:.:.:. ∧

─【やる夫】─────────────────────────────

(立て続けに少年少女の失踪は続いた、それも殆ど日をあかず、それも年齢も性別もバラバラに)
(これには警察のプロファイラーもたいそう困惑した。何せ失踪した人間に何一つ共通点がないのだから)
(そしてそんな混迷を極める状況に警察が頭を悩ませている間にも更に失踪は続き、ついにその数は40を超えるまでになった)

108 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:32:29 ID:laAyB/M20
番長が負けただとw

109 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:32:50 ID:6zVV/ShY0
                     /: : : : : : : : : : : :|V〈: : : : : : :\
                  /ノ|:/: : : : : : : : : : : :|N:.\: : : : \l\
                   /'ル' : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : : : :ヽ
                     /l/: :i : : :′:.:i: :∧:: : : : : : :.:i : : : :. : : : : : :.
                 ′: : | : : | |: ::|: :| ; : : : : : ::ト:. :}:.:|: :i : : : : :.
                    : : : : :| : : | |: ∧ | |: : : : : : : | |.:ハ }i: |: : : : : :.
                 l: : : : :| : : l.:l.:|‐ヘト└―――'"レ^ト:|:.; : : ::|:|
                  |: : : : :| : : lハ| _       -_  |/_ : : : |l/
                  |: : : : :| : : |  x==ミ     "⌒ ` }:.:「 ̄`
                  |: : : : :| : : :. 、、      :,    `` .′|
                  l: : : : ::. : : :|             .:: : |
                   | : : : : :. : :|    r――、┐   八: :|
                 : : : : : :l : : |ヽ     ヽ. __У  /: : : :|
                   .: : : : : :|: : :|::_>       イ: : : : : i |
               ′: : : : |: : :|:{ `ー- _ニ=-< 〉: : : : : : l.:|
                 /: : / ̄|: : :|」:.       ̄ :/: : : : |: : :||
                  / /    : : :| : : .      {:` ー-|: : :||
             /:/      : ::|  : : : : .         |: : :| ヽ
            .: :′      l: :|            |: : :|  :.
              l: :|:        |: :|             |: : :|  .
              |: :|:        |: :|              : : : |  l
              |: :|       /|: :l                ∨ |{/ |
              |: :|      { | /               |: 八: |

─【やる夫】─────────────────────────────

(そして当然の如く、その中には店から失踪した葵ちゃんの名前もあった……)

110 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:33:03 ID:BSg.c0520
何か飛んでも無くポテンショナルが高い人物ばっかり狙われてるな

111 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:33:07 ID:KVSAyTAM0
フレ/ンダ

112 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:33:15 ID:tdW4kjbo0
足元に穴が開いて落ちてく方式なんじゃね

113 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:33:16 ID:6zVV/ShY0
              ____
      ―― [] ] /      三\
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

─【やる夫】─────────────────────────────

(事の真相を知ったやる夫はすぐさま警察に駆け込んだ)

114 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:33:46 ID:6zVV/ShY0
 ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

─【やる夫】─────────────────────────────

(そして当然の如く担当の人間に詰め寄って怒鳴り込んだ)
(当然だ、今の今までこんな事件が起きているなど一言も説明されなかったのだから)
(これで怒るな、というほうが酷な話というものだろう)

115 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:34:12 ID:OqeEhhw20
番長が神隠しにあってるwww

116 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:34:14 ID:6zVV/ShY0
                     ____
                        /::::::::::::::::::::::::::::\
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    l:::::::::::::::::::::::::::::::;: - 、:::::::::::::l
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::}  ハ:::::::::::|
                    |::::::::::::≫xィ::/:ノ  厶ィ::::::!::l
                 _r}ハ::::::/ r‐。ミー'ノ{≦。ァハ:/Ⅳ_
              / ̄ ̄`ヾミ、 ̄ ´  l  ̄  7}  `ヽ\    てめぇら、警察だろうが!
             /: : : : : : : : : :\   __'__   /´ \ ̄`\\
               / : : : : -<ア¨ ̄`ヾ〈 ̄ ̄} /     \   \ヽ  どの口でかなみのこと知らねぇなんてほざいてやがった!
           l: :/ /   Y´ ̄`ヽ-、─/   __..」   ||
            j´ ̄ {    l    、l `フ   ィ´ ハ      / l
            ..イ   ヽ、__」 {___」|  ヽ </ / }      \/
         /  \   〈    \_.ノ -─'、/ / ノ| ̄ ̄`ヽ、ヽ
         \   ヽ、/\    ヽヽ/   / ̄  / j !    ヽ l
          ヽ   ∧   ' 、 _.ノ    {/ ̄  / ;|       j |
           `ーく  ヽ、  フ( r _」__..ノ\/ ̄   l      `l
             / `ー‐' ̄    ̄ ̄ /|        '      |
                〈     /     /: : l         ′    ∧
              \   /      /: : : : |         }   /  \
               ̄`ヽ    /: : : : : l     /`Yー'⌒ヽ/     ヽ
                   |\  / : : : : : :|  /: :./|    〈       l
                   |  ∨>──‐| /: :./ |    ヽ、    |

─【やる夫】─────────────────────────────

(そして勿論、やる夫以外にも同じように警察に詰め掛ける人間は大勢いた)
(皆が皆、身内や知人、家族が失踪し、その安否を心から心配していた人間ばかりだ)
(それなのにも関わらず、今まで一切こんな事件が起きていることを知らされなかったのだから当然と言えば当然だ)

117 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:35:00 ID:BGvKg9OUO
番長なら異世界でも逞しく生きて行ける。
そう信じてる

118 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:35:21 ID:8glu.rIg0
やっと知っているキャラが出てきたww
そして>>103や>>105は別の事件に思えてくる不思議ww

119 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:35:32 ID:osawrIPI0
ごめん、シリアスなはずなのに、ボッシュートされるギャグ描写が思い浮かんだw

120 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:35:38 ID:6zVV/ShY0
        ⌒> / /  /       .イ八    ヽ |人
        / /  / :/ /   ' /  /从ハハ  i|  i|从 乂__
,__      /, /  /: :/: :/: : / /: :/. イ: :〃   刈 : :|  i| | \乂__
ニニ=ー/∠/  /: :/: :/ / /:/: :/ '. :|: :i|     | : : i|  i| |: :\ 乂 __
.ニニニ./Ⅵ/ : : : : / :/ / |/| ' //| 从    」| : : '|: : i|八: : 乂ニニ
ニニニ/ニ|/ : .イ: : ' イ弍77∨777ハ-ハⅥ777777|: :/ |: : i|</∧ーニニ
ニニニニ///,|: : |: :|∨///////r-////////リ/: : : :八/| | |ニニニニ   こんなにも警察と被害者家族の間で、
ニニニ゚/| | |//|八| ∧ヽ/////ノ}:::.ヽ/////イ/: ://∧//| | ト、ニニニ
ニニ::/ :| | |//|  | i|∧  ̄       ̄  ノ/イ/イ/////| | |∧ニニ    意識の差があるとは思わなかった!
ニニニ/: ::| | |//|/∧ |i |ゝ    r -== 、   イ// / |////| | |: :‘,ニ
ニ-/ : : | 八///] ハ八い\  { :.:.:.:.:.:.: }   イ/'   ∧'/// //:|: :‘,ニ
二{. .: :::|《/∧//l _     丶` ー‐‐ .イ   ___ ∧/// //:| |:.|: }ニ
ニニヽ : : ∨/,∧/|      \} ` ー'’ {/    ∧// //: :| L|.イニニ
 ノ `ヽ :∨/,∧ト,      `        ´     / ////}:: :|イ´i|ニニ

─【やる夫】─────────────────────────────

(だけど、担当の人間から返って来た言葉は半分逆切れに近いような近況説明だけだった)
(前例がなかったとか、情報が足りないとか出てくる言葉はそんな言い訳染みたものばかり)
(それ以外は謝罪の言葉も殆どなく、果てには親の教育が悪いだの学校が悪いだの責任転換をしだす始末だ)

121 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:36:27 ID:OqeEhhw20
おいこらミストwwww

122 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:36:29 ID:6zVV/ShY0
        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |

─【やる夫】─────────────────────────────

(こうなってくると失踪した子供の親や家族は荒れるやら、暴れるやら)
(中には担当の人間を殴り飛ばしたり、陰湿な嫌がらせを行ったりするような人間も居たらしい)
(だが、幾ら残された人間が好き放題暴れた所で失踪した人間が帰ってくるわけでもない)

123 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:36:50 ID:KVSAyTAM0
ミストさん警察とか何の冗談なの

124 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:37:03 ID:6zVV/ShY0
       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

─【やる夫】─────────────────────────────

(暴れて、嘆いて、泣き叫んで……。後に残ったのは虚しさと、どうしようもない後悔だけ)
(あの時自分が一緒に居れば、最後に分かれる瞬間もっと自分が注意しておけば)
(そんなやり場のない憤りだけがやる夫やそのほかの被害者家族に残るばかりだった)

125 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:37:44 ID:6zVV/ShY0
                              ___
                           ,.. :´. : : :``ヽ、
                     _ __  /. .: : : : : : : : : : \
                 ,. . :´: : : : : :`ヽ<⌒ヽ:.:.: : : : : : :\
              , . :'´ : :`¨¨´: : :`ヽ: :`ヽ:\ }: : : : : : : : : : \
               /. : : :./: : : : :.l: : l: : : : : : :\\: : : : : : : : : : : : ヽ
          /. :./: : /: /: l: : : :.l: : l: : : : l: : : : ::ヽ\: : : : : : : : : : : ヽ
       _,. ィ: :./:./: : /: /: :.:l: : : :.l: : l: :|: : |:.:|: : : : :.Vハ: : : : : : : : : : : :l
        /: :/ / : :./: /  l:.l: : : :.l: :/: ハ: :ハ |: : : : : :Vハ: : : : : : : : : : : :l
         l: /: :l: : :/_l/__ ノ∧: :.:/Vメl/-V -メ、: : : i: :|: : ',: : : : : : : : : : : l
         l/ l: :l: :/  ,rテミ  l: /  >テ=ミヽl∧: : l .:|: : :l: : : : : : : : : : : :l
        { l: :{:.ハ   イ.:し。 l/   イし。.:.ハ  l: : .ハl: :.:/: : : : : : : : : : : :.l  やる夫くん……!
          l:∧い`L りツ      りツ j〉 ハ:/: : : /: : : : : : : : : : : : : l
          l′ }::| 。orっ  ,    ー rっ 。。ノノ‐ く:ノ: : : : : : : : : : :.|: : :.| 今ニュースで葵ちゃんが、葵ちゃんが……!
           ノu゙゙゙゙゙゙''''       ''''''゙゙゙゙/./  イ }.:.:.:. : : : : : : :.l : |: : .:|
         /:/ {      r─-、      /:/ _ノノ.:.:.:.:.:. : : : : : : :l : |: : .:|
        /: :./  ヽ    |    ヽ   /:/,r -く.:.:.::.:.:.:.: : : : : : : / :/ : :.,′
         /: :./    \   ヽ _ノ    〃 ハヽ {.:.:.:.:.:.:.: : : : : :./: /: : :/
          l: :./        > .._ .  イ(  レ' L, . -─- 、: : /: /: : :/
          l:./     ,.ィ´/ /  〉   l: レ'  / /      V: / : : /
          l/     /  V ∧ /   r'´   / / /      V: : : /
            /  ! l ヽ\__ ノ ノ  / / /         i l: /
            l     l  l  >=ソく   /  V ノ       | l/
        /⌒y^>、l     l  |/ ,.イ /^V´⌒ヽ   V       | {
         {      )  V   レ' l/ ノ⌒ヽ ヽ  V       | ヽ
       ヽ    ヽ V   '.  l ノ⌒ヽ    !  ,′      |
         \    い    \} ヽ     j.  |       l
          i    y′    \L   _ノヽ  |         l
          |     i         ヽ      \L_ __ _,. イ
          |     {          \      ̄`ヽ /: :∧

─【やる夫】─────────────────────────────

(勿論、一般のメディアにも公開されるようになってからは同僚の人たちにもすぐに葵ちゃんが事件に巻き込まれたことが知れ渡った)
(皆ある程度は覚悟していたようではあったが、流石にこんな大規模な事件に巻き込まれているとは夢にも思わなかったのだろう)
(普段からやる夫と同じく葵ちゃんと親しかった種島さんなんてお店の中であるにも拘らずやる夫に泣きついてきたくらいだ)

126 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:38:26 ID:6zVV/ShY0
        ,. : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: \
       ,:': : ,: : : : : : : : /: ;: : : : : : : :.|: : : :、: :∨: : .
.      /: : /: : : : : /: :/: /ハ: : : : : : : l: : : : :i: : ∨、: .
    /: : /: : : : : /: : {: /  ∨: : : : :.:{ヽ: : :.!: : :.ト、: :.
    { : ;': : : /: /: : :/|:! ,  ∨: : : : :ト、∨:ト、 : |、ソ: : .
    |:.:.|: :.:.:.|: ハ: /-l:! ´   Ⅵ: : : :!  ヽ:|ヽ: :|/イ: :l: .、
    i : |:!: : :|!:| Ⅵ l{__    Ⅵ : : ! __ リ Ⅵ:i!i: : ト-`
      }: l:|',: :.|{:!     (:::::)    \j(:::::)   l:!: ハ:.:.|
      i: :リ-、:.!リ   o `´ //// `´fj   !Ⅵ }:/
     /: {  ヾ!    d     ,、_,..、_    o { / /
   ー'´ヽ、          /      !     Y
      /:_, ー-.、        i       l      人
      ´     }: /: . 、__   ー-‐-ー ' _ ,  ´
         /イ }:/ }://ri--、 Tr,ト、{ リ
              ,イ `  ∨ `ヽ、
            /| ', /7{}\| |ヽ
               /  j  } ヽ//|!ハ'j !∧
           /  |  ヽ{/  l/!  } |

─【やる夫】─────────────────────────────

(その後はもう各々泣き出すやら、荒れるやら、仕事に手がつかないやら)
(なまじ皆が皆労力を費やして葵ちゃんを探していた分、その反動が此処に着て一気に返ってきたような感じだった)
(それだけ、葵ちゃんは皆から愛されていたと言うことなのだろうとつくづく思う)

127 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:38:55 ID:6zVV/ShY0
             !:::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               l::::::::i ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             |::::::::| ヽ::::li::::::l::::::::::::::::::::'´`ヽ::::::::::::::
                 i::::::::|ヽ i:| |:iヽl::::::::::::::l:::l ´ ) i:::::::::::::
             `l::lヾ、l i! .l:! .l:::::::::::::|l:l l / /::::::::::::
                 ノ   |i  .|::::::::::| l:l ./::::::::::::::::  山田……。
               く       l::::::::| lレ |:::::::::::::::::
                 ヽ      l::/|:|   !:l:::::::::::::::
                   ヽ、    |/ |:|   !:l |:::::::::::::
                    、      |:!   |:l |:::::::::;;;
                    ヽ、_.. , ‐|!´ヽ !i  |::;/´
                           __,, l ,--レ'-‐'''
                             \ .| )  _ -‐
                      _ //_`´--‐'"  /
             __,,.. -‐‐'"´ /  〉、;/ヾ`ン /
            r'       /  ,l  / ` /
            / ヽ     /   |  l   /

─【やる夫】─────────────────────────────

(けれども、さっきの被害者家族と同じで残された人間がどれだけ嘆こうと葵ちゃんが帰ってくるわけじゃない)
(となれば、後になって言いようのない憤りと居心地の悪さだけだ)
(実際、その事件が公に出てからの職場は前と違って異様にピリピリしていて、昔みたいな温かい雰囲気は何処にもなかった)

128 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:39:12 ID:6zVV/ShY0
 [二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||  \、 :..    ゚ ..:: ::     / .||
  ||   .||:: } ... .  . ... ... ..     ||   .||
  ||   .||'゙ ....  . ... ..        ||   .||
  ||   .||....  :::... .... ..:::::::....::     ||   .||
  ||   .||. .. .  . . . .. .       .||   .||
  ||===||     / ̄ ̄ ̄\   ||===||
  ||   .||   /::::::::::::::::   \  ||   .||
  ||   .|| /::::::::::::::       \||   .||
  ||   .|| |::::::::::::::::::::         ||   .||
  ||   .|| \::::::::::::::       /||   .||
  || / (⌒ ::::::::::::::::    ⌒ヽ.\ .||
 [ニ二二二|  ::::::::::::::     |.ニニニニ]
        .|  ::::::::::     |
        |    へ     |
        |    |  |    |
          (__)  (__)

─【やる夫】─────────────────────────────

(その後直ぐだ、やる夫がその喫茶店のアルバイトを辞めたのは)
(居心地が悪くなったって言うのも勿論あるし、三年に上がって真面目に進路を考える瀬戸際だったっていうこともある)
(ただもうそれ以上に、やる夫自身葵ちゃんがいなくなってしまったことで自暴自棄になってしまったのだ)

129 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:39:52 ID:6zVV/ShY0
         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

─【やる夫】─────────────────────────────

(失ってから始めて気付く、ある種の喪失感とでも言えばいいのだろうか?)
(今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなる辛さをやる夫はこの時嫌と言うほど思い知らされた)
(たった一つ、葵ちゃんというピースが欠けただけで、やる夫の世界は大きく色あせてしまったのだ)

130 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:40:03 ID:8glu.rIg0
しかし、皆よくその程度で追われたな。警察の態度が悪いからそれを記録してそれをマスコミに流すとかネット上に流すとか
する人が一人も居ないとは…。後、この警察の対応ならば見つからないのは警察がまじめにやっていないとか思っても不思議じゃないと思う。

131 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:40:09 ID:BGvKg9OUO
おのれディケイドォ!

132 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:40:42 ID:6zVV/ShY0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::   :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::    `゚ o:。.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......

─【やる夫】─────────────────────────────

(それからというもの、やる夫は何時まで経っても葵ちゃんのことを忘れられないでいる)
(もうあれから十年も経って、やる夫だって今じゃ立派な大人だっていうのに)
(それでもなお、やる夫は後悔しても仕切れないのだ……)

133 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:40:59 ID:8glu.rIg0
>>131
ディケイドよりもシャドウを疑うべきだと思う。

134 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:41:02 ID:KVSAyTAM0
皆ルイズに召喚された

135 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:41:28 ID:OqeEhhw20
>>133
おのれ生田目ぇぇ!!

136 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:41:30 ID:6zVV/ShY0
               ,..-‐:::::::::::::::::::::::::`ヽ,__
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::/:::::::::::::/:::::::::::::/:::::、::::::::::::::\
         {::〃:::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::j::::::::::::::::::::ヽ
         "/::::::::::::::::/:::::::::::://:::/::/j::::::::::::::::::::::ハ
           V/::::::://::::::::/ _/__/:/ /::::i:::::::::::::::::::::}
            ヾV!、、_‐‐´  /'_'`ノ:::::::j:::::::::::::::::::::j
            i! ⌒`   "⌒゙`'/:::::/-、::::::::::::::::;′
            /|""    """/:::::/:!  !:::::::::::::/
              {::、   ー一 //::::://:!/:::::::::::::i
             |::::lヽ    //:::::/イ::j:::::::::::::::::::;
                !:::| {ヽ//:::::/ナ:/:::::::::::::::::::{
              !:::! /::::::::// ̄`ヽ、:::::::::::::::::、
             V/:/:::::::`/        \::::::::::::\ー--── '´
           /:ィ!  ̄ r:77/       __ヽ::::::::::::::`ヽ、__
         /⌒:/ V!  ´/〃 i , -‐´    `ヽ:::::::::\`ー─-`ニ=ニ
       / /:/   V! // l ! レ1        \:::::::::::::`ヽ、_
        /:/     V!/ ハ ヽ\ /      ヽヽ:::::::::::::::::::::::: ̄:ヘ
        V       ヽ/ ヽ `/           〉 \:::::::::::::::::::::::::ヘ
                l   ∨           /ll }  \::::::::::::::::::::::ヘ
                l   /         /  〉'j    >\:::::::`ヽ、`
                ヽ/       / / / , イ    \:::/´
                  /         / ´ / 1、   ヽ    `
                 /         /  /    ハ   ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

(彼女と最後に別れる間際に交わした遊園地に行く約束、それを果たせなかったことを……)

137 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:41:53 ID:6zVV/ShY0
    □
   ┌──┐
   └──┘
   ┌──────┐
   └──────┘
   ┌───────────────────┐
   │                                      │
   └───────────────────┘
   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

138 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:42:18 ID:6zVV/ShY0
                   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥   
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l   .
                 ゝ.ヘ         /ィ  
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

─【ニュースキャスター】─────────────────────────────

なお、当時失踪した少年少女は遺体も見つかっていないことから某国による拉致の可能性も視野にいれ、警察は今も尚捜査を続けています
いやー、怖いですねー。これも地球温暖化の所為なのでしょうか?
それでは一旦ここでCMです

139 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:42:30 ID:BGvKg9OUO
シャドウか・・・たしかにそっちのが・・・
大体わかった!

140 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:42:51 ID:6zVV/ShY0

   ____________________
  /..|二┌──────────────┐二| __[][]
. /  |二|                      |二| └‐┐l
|  |二|             |             |二|  ∠/
|  |二|             |             |二|  [][]ノ 7
|  |二|             人             |二|   く/
|  |二|  ーー=ニニ二´  `二ニニ=―   |二|    ロロ「l
|  |二|            `Y´           |二|      `′
|  |二|             |             |二|
|  |二|             |             |二|
|  |二|                      |二|
|  |二└──────────────┘二|
 \_|         ┌────┐         |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

141 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:42:54 ID:laAyB/M20
地球温暖化っておいw

142 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:43:00 ID:32jl0hd20
地球温暖化のせいな訳あるかーwwwwww

143 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:43:41 ID:6zVV/ShY0
               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: |
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

─【やる夫】─────────────────────────────

無責任な話だお、結局捜査を続けてるなんていっても形だけの癖に……。
お前らメディアや警察がもっと熱心に仕事してれば葵ちゃんだって直ぐに見つかったのかもしれないんだお

144 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:44:21 ID:6zVV/ShY0
     ,.イニニニニニニニニニニニニニ丶        ____
    ./ 「                |.!     /      \
    _/  i.|             |.!   /         \
   .|   i.|             |.!  /            ヽ
   .|   i.|             |.!  |             |
   .|   i.|             |.!  ヽ               |
  _  〉  i.L________」.!   >   _____ <
  _「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニニニニニY´⌒ー´  /´二二二二二二二〉
  |         \二二二(´      ,/ ,/          /
  |           |      `ーィ二 ̄/ ,/          /
  |           |   γ"´   ゙7 ,/          /

─【やる夫】─────────────────────────────

おっと、こうしちゃいられねぇお……。
明日までにこの書類作らないとまた伊藤課長にどやされちまうお
あの人最近奥さんに浮気がばれて家のほうがてんやわんやしてるみたいだから機嫌損ねたらことだお

145 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:44:57 ID:6zVV/ShY0
      .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                 .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
                    .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
                       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄|┌┬───―                .;.;.;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄| | | | ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ \        .;.;.;.;.;.;.;.;.;.
 ̄ ̄| | | |     /       :::::\        .;.;.;.;.;.;.;.;.
 ̄ ̄| | | |     (人_)     ::::::::|       .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;
 ̄ ̄| | | |___ \.....::::::::: :::,/  カチャ     .;.;.;.;.;.;.;.;.;..;
  .o |└┴─┬── /      ヽ    カチャカチャカチャ .;.;.;.;..;.;.;
  °|     /⌒| ̄ __,       i         タンッ  .;.;.;;.;.;.;.;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |              .;.;.;.;.;.;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ノ    カチャカチャカチャカチャ .;...;.;.;.;.;
             |  _/ ̄ ̄ ̄|       パシッ タン .;.;.;.;.;.;.;
           _|  | ̄| ̄| ̄               .;.;.;.;.;.;
          (___) |_|

─【やる夫】─────────────────────────────

しかし、夜の課内に一人って言うのも寂しいもんだおー
伊藤課長は二時間残業で直ぐ帰っちゃうし、さやかちゃんみたいな子は何時も定時あがりだし
たまには誰か一緒に残って手伝って欲しいもんだお、あー肩痛ぇ……。

146 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:45:17 ID:32jl0hd20
浮気だと…


やはり勇気か…!

147 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:45:25 ID:6zVV/ShY0
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_

─【やる夫】─────────────────────────────

この見積書を明日伊藤課長に提出して、さやかちゃんに外回り行ってもらってと……。
これで明日派遣の子にエクセル打ち込んでもらえばようやく一段落かお
此処の所まともに休んでなかったし、週末はやる夫も休み貰おうかお

148 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:45:59 ID:6zVV/ShY0
         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/        .\||
        /    _ノ   ―   \
        |   (ー)  (ー)   |  はぁ……
        \   (__人__)     イ
        /´ ̄         .ィヽ|
       〈   ̄  ‐- 、       i
       .:` ーi‐ -、_   ヽ     | l
            ||   ヽ.て  〉   ..| l
      __/´  ヽ     /⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

─【やる夫】─────────────────────────────

まっ、無理だろうとは思うけど……。
伊藤課長のことだし、どうせまた呼び出し→休日出勤させられるのが落ちだお……。

149 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:46:20 ID:6zVV/ShY0
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\ ブツブツ……。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

はぁ……。まったく、やる夫は一体何処で人生を間違えちまったんだお?
子供の頃の予定じゃあサッカー選手になって、25になるまでには結婚して、森の近くの一軒屋に住んでるはずなのに

150 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:46:22 ID:8glu.rIg0
>>146
時には勇気だけじゃな駄目なんだ。ついでに彼のは無謀って言うんだぜ?

151 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:46:51 ID:BGvKg9OUO
俺の予想ではやらない夫かあんとんこさんだな

152 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:46:59 ID:6zVV/ShY0

               __
.───┐      / ...::::::..\
 ̄ ̄ ̄| |     /   ...::::::::::.\
      | |   /     ...:::::::::::::.\
      | |   |      ...::::::::::::::::: |
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´

─【やる夫】─────────────────────────────

それが今じゃあブラック中小の平社員で、彼女居ない暦=年齢で、おまけに格安のアパート暮らし……。
そして今日も今日とて終電間際まで帰れず、翌日は早朝出勤
これじゃあもうなんのために生きてるのか分ったもんじゃねぇお

153 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:47:07 ID:32jl0hd20
そっちの勇気じゃないwwww

154 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:47:18 ID:8glu.rIg0
>>149
マジレスすると予定が普通に破綻しているから、それは無理だと思う。

155 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:47:30 ID:6zVV/ShY0
          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
      \    (__人__) .  /

─【やる夫】─────────────────────────────

本当はこんなはずじゃなかたんだお
もしもあの時、葵ちゃんが行方不明にならなかったらやる夫だって今頃は……。

156 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:48:31 ID:6zVV/ShY0
         , - ‐――――― 、
.      /                \
.      /                 \
   /                      ―ヽ
.  /                        l
  /: : :                      ( (|
  |: : : : :                    , ヽ
  |: : : : : : : : :                   (  ノ
  \: : : : : : : : : : :             フ
 /: : ̄ ̄ ̄ ̄: :¨ ヽ            /
/: :           \   __/
:            , ´  ̄ ̄ ¨丶   ヽ
: :       /            \  ‘,
: : :      /            ' ,  \
: : : :     /                 丶   `ー 、____________________
: : : : : : : /                     `ー 、/ー∨/////////////////////////////////∧
: : : : : : /: : :                    `ーュ, \////////////////- ´  ̄\'////////∧
: : : : : /: : : : : : :                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ー -- '    . : : : ::::\///////∧
: : : : :.{: : : : : : : : : : :              /                 ` ヽ .: ::::::::}'///////∧
: : : : :.l: : : : : : : : : : : : : : : : : :        /        :.: : : : : : : : . . .     ....... 、:::::::::ノ////////∧
: : : : :.∨////,: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ _ //////////////∧

─【やる夫】─────────────────────────────

……葵ちゃんか、思えばいい子だったお
おっちょこちょいだったけど可愛くて、人懐っこくて、やる夫みたいな奴でも嫌わずに一緒に居てくれたし
学校の同年代の女の子なんてみんなやる夫の陰口叩くような奴ばっかりだったけど、葵ちゃんはなんか違ったんだよなー

157 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:48:43 ID:KVSAyTAM0
流石にそれは責任転嫁だろ

158 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:49:01 ID:6zVV/ShY0
              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|

─【やる夫】─────────────────────────────

よくよく考えればやる夫の人生の中でも葵ちゃんだけだったよなー、一緒に遊びに行ってくれるような女の子なんて
はぁ……、なんでやる夫はあの時あの子に告白しなかったんだろう……。
葵ちゃんだって満更でもなかったみたいだったんだし、思い切って付き合おうと思えば付き合えたんじゃないかお?

159 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:49:35 ID:6zVV/ShY0
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

─【やる夫】─────────────────────────────

まっ、今更後悔してもどうにもならないんだろうけど……。
でも葵ちゃん、もしも生きてたら今頃26歳かー
綺麗なんだろうなぁ、きっと……。

160 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:50:00 ID:6zVV/ShY0
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!

─【やる夫】─────────────────────────────

もしかしたら……ほんの0.01%でも、葵ちゃんがやる夫のお嫁さんになってくれるかもしれない未来もあったのかな……。
家に帰ったら満面の笑みで「おかえりなさいやる夫さん、ご飯出来てますよ!」なんて温かく出迎えてくれてさ
それでたまの日曜には二人してまた手をつないで出かけるんだお、昔みたいに……。

161 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:50:00 ID:BGvKg9OUO
SS作家なだけあって話の作り方上手いなぁ

162 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:50:26 ID:6zVV/ShY0
                        ___
                  /     \
.  彡彡彡        o゜(           \
  (⌒⌒⌒ヾ       /          \
  \    ⌒)    |             |
   ヽ  ⌒`く       \/        丶/
     ヽ    ヽ、    /          \
 バ   \    ヽ /            `ヽ
   ン l||l人从  /                  |
バ   _, -ー''''''/                 /
 ン((⌒          /            /

─【やる夫】─────────────────────────────

なーんて、我ながら何アホなこと口走ってるんだおw
人生そう上手くなんていかないし、結局葵ちゃんとだって別に恋人だったわけでもないんだおwww
それにやる夫が結婚なんて100年の時を一万回ループしたってありえないってのwww

163 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:51:01 ID:32jl0hd20
山田がご飯を作る…だと…?
……………やる夫が作るはめになる結果しか思い浮かばないw

164 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:51:17 ID:6zVV/ShY0
  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       /       .::::::::::::::::::::::\
  | |       /          ..::::::::::::::::::::::::|
  | |      .|          ...:::::::::::::::::::::::::|
  | |       |        ....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

─【やる夫】─────────────────────────────

って……やる夫はなに一人で盛り上がってるんだお
これじゃあ傍から見たら完全に危ない人じゃねぇかお
と言うか、27にもなって大声で独り言喋り捲るってやる夫ェ……。

165 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:51:47 ID:6zVV/ShY0
        ____
      /─   ─\
     / (●)  (●).\
   /     (__人__)   \
    |      ` ⌒´     |
   \            /
   ノ            \
. /´                 ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

─【やる夫】─────────────────────────────

しゃーない、気持ち切り替えてさっさと仕事終わらせるお
きっと深夜のテンションで色々と箍が外れちまってるんだお
明日もあるし、ちっと真面目に仕事に取り掛かるかお

166 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:52:08 ID:6zVV/ShY0
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

─【やる夫】─────────────────────────────

って……お?
なんだお、このテロップ?

167 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:52:21 ID:8glu.rIg0
結婚出来たとしても別にやる夫葵に恋しているわけでもないから…よくないだろうな~。

>>162
某スレのせいでフラグにしか見えない。

168 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:52:22 ID:6zVV/ShY0

                                   _______
                                   |\         \
           _______________________ \         \
           /\__________________\\_______.\
         |\/                            ̄ヽ|          |
         | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||          |   
         | |  |                          |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||    ○    |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         \\ \_______________/ /|     ◎   |
           \\________________../  |          |
             ̄    ||          |          |          |

169 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:52:59 ID:6zVV/ShY0



ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν        あなたは今幸せですか??        Ν
Ν  自分の人生に何一つ悔いはありませんか?? Ν
Ν                               Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

170 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:53:23 ID:6zVV/ShY0
     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

─【やる夫】─────────────────────────────

あちゃー、なんだおこれは……。
誰か変なサイトからウイルス貰ってきたのかお?
やる夫は会社のパソコンでネットなんてしないし、きっとさやかちゃんの仕業だおね

171 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:53:46 ID:6zVV/ShY0



ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν   何かやり直したいことはありませんか?    Ν
Ν 今ある生活が自分のベストだと本当に思いますかΝ
Ν                               Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

172 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:54:13 ID:6zVV/ShY0
         ___
       /     \
      /   \ , , /\  こっちは忙しいんだお!
    /    (●)  (●) \
     |   u.   (__人__)   |      .___________
      \      ` ⌒ ´  ,/ガチャ  | |             |
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ ガチャ .| |             |
      |  |          | \ ガチャ.| |             |
 タン.  |  |       i i|  i\,,c`ヽ彡.| |             |
.  タン | ⌒ ̄ ̄r~ノソィ" |  inルソノノ|_|___________|
 |\ ̄ ̄ ー─‐─oー"o ̄ ̄~´ ̄ ̄     _|_|__|_

─【やる夫】─────────────────────────────

まったくもー、変なウイルス入ってデータ消えたらやる夫の責任になるんだお
其処の所分ってるのかな、あの子は……。
ようやく終わる目処が立ってたっていうのにやり直しなんてやる夫は勘弁だお

173 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:54:24 ID:WpjpHN5I0
松岡修造「何故ベストを尽くさないのか」

174 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:54:54 ID:6zVV/ShY0



ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν   人生に疲れを感じたことはありますか?    Ν
Ν  機会があるならいっそ新天地にいきたいとは  Ν
Ν       考えたことはありませんか??       Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

175 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:55:33 ID:6zVV/ShY0
   メラ /  ̄ ̄ ̄\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    /    \,, ,/\     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    / u:::(●)  (●)ヽ  ________
.   |   ⌒(__人__)⌒| .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.     \ u   ``ー' ,/  | |              |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /⌒)    ー‐  ⌒ヽ. | |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.  / _/         |ヽ   | |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
  ('__ ̄'⌒イ^イ^)´),Y´Y^|_|_______|
__l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _,| |  |

─【やる夫】─────────────────────────────

おいおい、真面目に勘弁してくれお
このテロップ何回クリックしても全然消えやしねぇお
それになんか宗教の勧誘染みてて気味悪いし、ほんともう何だってんだお

176 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:55:52 ID:ccuD9vl60
某スレのURLに導かれてきたぜ!!

177 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:56:26 ID:I3MrPa1E0
山田がメインヒロイン(?)のスレとか初めて見た期待
あと隠れ家的にやるなら良いけど投下中はageた方が人来ると思うよ

178 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:56:28 ID:6zVV/ShY0


ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν         ご安心ください!!            Ν
Ν   そんな行き詰ったあなたに大チャンス!    Ν
Ν                               Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

179 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:57:24 ID:laAyB/M20
何という胡散臭さw

180 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:57:35 ID:6zVV/ShY0
>>177 把握しましたw



        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  _________
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/.   | |              |
   ノ::::::::::u        \   | |              |
. /::::::::::::::::     u      | |              |
 |::::::::::::: l  u            | |              |
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)^),-、    |_|_______|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)二二二     | |  |

─【やる夫】─────────────────────────────

くそっ、何をやっても全然駄目だお
まったく何が大チャンスだっての
おかげでこっちは大ピンチに絶賛突入中だお!

181 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:58:04 ID:6zVV/ShY0
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν       あなたの望んだ新たな世界に      Ν
Ν     私が連れて行って差し上げましょう     Ν
Ν                               Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

182 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:58:24 ID:6zVV/ShY0
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ            \ | |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |

─【やる夫】─────────────────────────────

何が連れて行って差し上げましょう、だお! 妙な電波撒き散らしやがって!
あーもう、ほんとどうすればいいんだお……。
このままじゃまた伊藤課長に──────

183 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:58:51 ID:6zVV/ShY0

          / |  | { \      .::}        / /    :|
       ′.:|  |  i、:ヽ        __    /__} i   |
        /   |  |  | \     く     ノ     ノ: :  |   |
      ′ :i |  |  |:   、    ー    /: :i   |   |
     i  :| |  |  |: :  l:  : . .       イ i: : |  リ   {
     |  :| |  |  |: :  |: /|: >‐ <   |\l /   ハ

─【???】─────────────────────────────

電波って何よ、失礼ねー
せっかく10年来の君の後悔、ここらで清算してあげようっていうのに

184 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 16:59:02 ID:tdW4kjbo0
行くなら山田が行方不明にならなかった世界かな

185 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:59:20 ID:6zVV/ShY0
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

─【やる夫】─────────────────────────────

ひっ、人の声!?
なっ、なっ、なんだお……ついにパニックになりすぎて幻聴が聞こえ始めたのかお!?
でも今確かに……。

186 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 16:59:51 ID:6zVV/ShY0

          / |  | { \      .::}        / /    :|
       ′.:|  |  i、:ヽ        __    /__} i   |
        /   |  |  | \     -‐         ノ: :  |   |
      ′ :i |  |  |:   、           /: :i   |   |
     i  :| |  |  |: :  l:  : . .       イ i: : |  リ   {
     |  :| |  |  |: :  |: /|: >‐ <   |\l /   ハ

─【???】─────────────────────────────

ちょーっと遅くなっちゃったけど、まあいいわ
そんじゃあもうちゃっちゃと行っちゃいましょうか
あんまり長々とやって、拗れちゃっても面倒だしね~

187 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 17:00:14 ID:6zVV/ShY0
         ____
        /ノ  ヽ、 \
    (ヽ /(○)}liil{(○)\
   (((i )    (__人__)   \
  /∠ |    ヽ|!!il|!|!l|/   |
  (___    |ェェェェ|  _ \
       |        /  ∴∵
       |       /   ∴∵
         |   r  ̄∴∵    ・・
       ヽ  ヽ   ∴∵
        >__ノ;:::......  ・・

─【やる夫】─────────────────────────────

おっ……おぉ!?
何だおこれ、体がどんどん消えっ……!?

188 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 17:00:29 ID:6zVV/ShY0
            //⌒丶、
           / /
           | /
        _,.-‐' ヽ|⌒´``.丶、
.       //     \    \
.      / // /     ヽ \ . ヽ,
      / // /| /|   ト、 ヽ \  ヽ
    イ // / |  |   | ヽ    ヽ  i
    / // イ i |  |   |   、   ヽ i
    | ソ  /リ  | | |  | /| 从   人i
    |/ /  /´´ヽ/| | |ヽ /_|/-|   /| |
    | /ヽ|ヽi=ミx ヽ| リ ソ´ リ |ノ / .| |
  /|/| |ト、|.   ヽ   v'´´`ヽリ / 人 ヽ
 イ|/::\ |ヽ   ,       i / /  \ヽ
´{〈:::::::::::::ヽ丿ヽ、 ト‐-- ,  , イ / /::::\ヽ丿
 ヽヽ::::::::::::::ソヽ) 丶、_ノイ 丿/ /::::::::::::〉 ヽ
  ヽヽ:::::::: ノ ノト、/∨\/ ./ /:::::::::::::/ ノ
.   ヽヽ::::::ソ ノ:::::ヾ、,ゝ \/ /:::::::::/| /
.    \/ノノ:::::::::/ ヽ:::::::::::|  |::::/ / ノ
   〈:::::::://イ::::::::::|  |:::::::::::丿丿::::|. / ノ
 //ヽ//::::/:::::::::|  |:::::::::::ソ丿::::::::|//
´/   i/ ソ::::::::::::|  |:::::::::::ソ:::::::::::ノ
     i /ノ:::::::::::\/:::::::::::ソ::::::::/

─【???】─────────────────────────────

はぁい、というわけで一名様ご案な~い

189 :名無しのやる夫だお:2012/03/06(火) 17:00:51 ID:tdW4kjbo0
勧誘っぽい文章の割りに、強制なのかw

190 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 17:00:53 ID:6zVV/ShY0
        _|⌒|_      _      _
        |_  _|     _| |_  _| |_
         _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|
         /       \  /。 o \  /。 o \
:::::::   ::::/ ⊂l l7 /\ |  \_/ /  \_/ / あ:::::::      :::::     :::::
::::::::::::  ::::\__/ / /      ̄       ̄    あ          :::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::  あ        ::::::::
:::::::::::::::::::::::           ____       :::::::         ::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /ノ   ヽ、_\     r ⌒j      ::::::::     ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/( ○)}liil{(○)\   /   /   _         ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /    (__人__)   \/   /  /  )::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::     |      |i|||||||i|     /  /  /  /          ::::::::
::::::::::::::::::       \      |ェェェェ|     /   '` ´  /         ::::::::::::::::::
::::::::::::::::::       /    (⌒'ー―- イ′     ´廴 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /       > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)::::::::::::::::::::::::::::
         /  斗ュ      -、      }        (  ̄¨´
       ::::〈Um)´  ヾ        ヽ._       __  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::~´     〉         `   --‐'´ `゙' 、_.):::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::       j   r-- 、     /           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        〈  /   ヽ、   / ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::::
              ::ヽ 〈     j  /     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::廴ノ     L 」::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::

─【やる夫】─────────────────────────────

なんだお、これ……!?
なんだお……なんだってんだおぉぉぉぉ!


214 : ◆5Dzth5XSWI:2012/03/06(火) 17:06:34 ID:6zVV/ShY0
投下していて一番目に留まったのが相馬さんだけはぶられているということでしたが実際は……


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \ やる夫フィルターオン
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



          ↓  ↓  ↓       



                /     /  \    `丶、
               /      ,       ヽ    ヽヽ ┃
                /   /, /  !     !  、   ━.  ━
              /  / ′  l {   |  ',    丶 !  i┃      やる夫フィルターオフ
                /   / l  ,l l |   i、  !      ' i  l
            i ! / ' ∧/ ! j{   !ヽ | i   リ  !
         ,{   | !|lーヤ| l 八   !ー}八 i    ;   !
        _ノ 乂_j | !|| __l∧ i, /___ l 'l{  /   !
        ⌒Y⌒j! !小i '⌒ヾ 丶{∨´ ̄`ヾ!川 〃⌒; !
           ノ' i !い       ,          ! / r' 八
               }八ヽ!                 ノ' _, /
                '   圦   ,____      ,r‐<{
                   V ̄ 丿   / ∧!
                      ヽ、 -   . イノイ/ `
     _人_         __,i介 ... <___j」__       ◇
    ^Y^         }`¬ノハ    /       {
     ___      入  V//}    ′       ノ
    /!     ̄ ̄ ̄   〉 マ¨7  /    __,厶==  ¨¨  ̄  ≧、
   r‐f l             ‘.   /   ̄_/          /⌒ \

こういうことですw




掲載スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1331003383/



関連記事
Tag:やる夫は思い出の少女と共に異世界を歩むようです  Trackback:0 comment:

Comment

 URL|
#- 2013.03.17 Sun20:01
益体のないレスが多いな
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
プロフィール

Author:亞那瑠 ◆yiSx/F3/Lk
やる夫板IIややる夫系雑談・避難・投下板で書いているものです。
下ネタが多いですが、よろしくお願いします。
このサイトはリンクフリーです。

ヘッドライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。